• COLUMN

1.75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)とは

糖尿病などの糖代謝異常を持つ場合、炭水化物の多い食物を摂取した後に健常者よりも血糖値が上昇し、糖質を摂取する前の血糖値に戻るのが遅れます。これを耐糖能の低下といいます。
栄養士の方も、患者さんや相談者さんの検査結果を見ることがあると思いますので、検査の目的と検査結果の読み解き方について把握しておくことをお勧めします。

この耐糖能をみるために、75g経口ブドウ糖負荷試験(以下、75gOGTT、75グラムオージーティーティー)という検査を実施します。
75gOGTTは、ブドウ糖を溶かしたものを飲み、ブドウ糖負荷後、30分後(必要に応じて)、1時間後、2時間後にそれぞれ採血を行い、血糖値を測定する検査です。
また、血液中のインスリン濃度を測定することで、ブドウ糖に反応してインスリンが出ているか、十分な量は出ているかということを調べることができます。
しかし、75gOGTTは明らかな糖尿病症状がある場合には行うことが少なく、糖尿病の診断時に必ず必要な検査ではありませんが、将来糖尿病を発症するリスクが高いかどうかが検査の結果より読み取ることができる、とても意義の大きい検査でもあります。
また、妊婦においても妊娠初期の随時血糖測定に加えて、妊娠24週(妊娠中期)までに、糖代謝異常の早期発見を目的として、グルコースチャレンジ試験(GCT)という経口ブドウ糖負荷試験が行われています。(検査で陽性の場合は、75gOGTTを実施)

2.75gOGTTの実施が推奨されるケース

強く推奨されるケース

強く推奨されるのは、現在糖尿病の疑いが否定できない場合です。
・空腹時の血糖値が110~125mg/dlの場合
・随時血糖値(食事と採血時間との時間関係を問わずに測定した血糖値のこと)が140~199mg/dlの場合
・HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が6.0~6.4%の場合(ただし、明らかな糖尿病の症状が存在するものは除きます)

行うことが望ましいとされるケース

将来糖尿病を発症する危険性が高いグループ、高血圧、脂質異常症、肥満など動脈硬化のリスクを持つ方に関しては、特に75gOGTTの検査の実施が望ましいとされています。
・空腹時血糖値が100~109mg/dlの場合
・HbA1cが5.6~5.9%の場合
・上記を満たさなくても、濃厚な糖尿病の家族歴や肥満が存在するの場合

(参照:日本糖尿病学会編・著 糖尿病治療ガイド2016-2017)

次回は、実際の75gOGTT検査内容と検査結果からわかることなどを紹介していきます。

 

関連コラム
糖尿病ってどんな病気? 糖尿病の幅広い病状をすべてカバーできる栄養指導① 糖尿病の食事指導の行い方

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

WRITER

75g経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)とは①~どんな検査?

加藤 知子

・下記の各分野において、診療の一環として患者への栄養教育・患者会の開発、運営、講師担当、医療従事者への栄養教育等の一連の業務を行った。 <栄養指導・栄養相談事業>    ・武越内科クリニック(平成20年度~平成22年度、平成26年度)    ・地域栄養サポート自由が丘(平成23年~平成26年度) ・医療法人社団菅沼会 腎内科クリニック世田谷(平成24年度〜) ・医療法人瑛会 東京ネクスト内科・透析クリニック(平成25年度〜) ・渋谷笹塚循器HDクリニック(平成26年度~) ・はしば糖尿内科クリニック(平成26年、平成27年度) <疾病予防・啓蒙事業> ・認定特定非営利活動法人腎臓病早期発見機構(IKEAJ)の依頼を受けKEEP事業としての生活・食事指導を担当(平成25年度~腎内科クリニック世田谷にて) ・公益社団法人糖尿病協会 facebookサポーター(平成25年度~) 糖尿病や糖尿病療養指導の知識・啓蒙活動を管理栄養士の立場から支援。

加藤 知子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"病気と栄養"に関するコラム

もっと見る

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ