• COLUMN

デトックスはなぜ必要なのか

デトックス(=毒を出す)という概念は近年、日本でも身近なものになりました。毒とは、生命活動には不要で、かつ、人体に有害な物質を指します。具体的には有害ミネラルや農薬、食品添加物などが挙げられます。私たちは日常生活の中で知らず知らずのうちにこれらの毒を摂取しています。そしてこれらの毒は、様々な不調の原因となることが多くの研究によりわかってきています。
摂取しても、即座に命に係わるような重篤な症状は出ないものの、なんとなく調子が良くない、病院で診てもらっても特に異常が見られないことが多いのが特徴です。このように有害物質は体内に入ってすぐに不調をもたらすことは少ないのですが、蓄積されることで少しずつ症状が出てきます。一度症状が出てきて、重くなってしまうと、改善が容易ではないため、日頃からデトックスを習慣づけることが必要です。

有害物質は避けられない

私たちの体内には、もともと解毒システムが備わっており、有害物質を摂取しても肝臓で無毒化して便とともに排出したり、腎臓でろ過して尿として出ていくようになっています。また、食品添加物や農薬などは人体に悪影響がないとされる許容量で使われており、食中毒や感染症予防に役立っている側面もあるため、あまり神経質になる必要はありません。
しかし、食品添加物を例にとってみても、これらの許容量は1食品につき設定された基準である一方、私たちは普段、複数の食品から有害物質を摂取しています。また、先に述べたように、有害物質は食品による摂取のみならず、呼吸や皮膚からも吸収されています。さらに、個々の解毒力にも差があるため、健康管理は国の基準任せにはせず、自分できちんとおこなっていくべきものだと思います。
現代では有害物質を完全に避ける事は不可能ですが、日頃から自分自身の体を整えて、解毒力をつけておけば、大きな不調や病気を回避する助けとなります。

有害物質の摂取源と人体への影響

有害物質の摂取源と人体への影響は下記のようなものがあります。

・有害ミネラル(水銀・アルミニウム・鉛・カドミウムなど)
摂取源は汚染された魚介類、予防接種、古い水道管、制汗スプレー、ヘアカラー剤、排気ガス、調理器具、歯の詰め物などです。体内ではミトコンドリア内のエネルギー産生低下、赤血球の合成阻害、神経伝達障害などの代謝システムを阻害し、慢性疲労、貧血、攻撃性、筋肉の痛みなどを引き起こします。近年では、毛髪・爪から蓄積状態を推測することができる検査キットもあります。

・食品添加物・農薬・化学物質
摂取源は加工食品、野菜、穀物、サプリメント、歯磨き粉、消臭剤、化粧品などです。身体への影響としては、腸内環境の乱れ、必須ミネラル欠乏などがあり、これらは肥満・肌荒れ・過敏性腸疾患・免疫力低下の他、リーキーガット(※1)によるアレルギーやアトピーといった自己免疫疾患の原因にもなります。腸内環境は精神状態にも直結していますので、腸内環境の乱れは、うつ症状や意欲低下なども引き起こします。便の観察や、血液の抗体(IgG)の検査をすることで、腸の状態を推測することができます。

デトックスのための3つのポイント

近年ではクリニック等でも、キレーション療法(※2)やサプリメント療法など、有害ミネラルの蓄積に対する治療が行われるようになりました。病院の検査では特に異常や疾患が見つからないのに、不調に悩まされている場合は、これらの専門医に相談するのも1つの方法です。
日常に取り入れやすく、自分でもできるデトックスのポイントは大きく分けて次の3つです。

1.本来備わっている解毒能力を高いレベルに保っておくこと
2.解毒をサポートする栄養素を摂取すること
3.定期的に解毒すること

次回のコラムは、これらの詳しい内容をお届けします。

※1 リーキーガット(腸管壁浸漏症候群)…腸のバリア機能が低下し、本来吸収されない有害物質や未消化物を取り込んでしまう状態。
※2 キレーション療法…キレート剤点滴などで体内の有害ミネラルを排出させる治療法。

参考文献
細胞から元気になる食事 山田豊文 新潮文庫
健康自主管理のための栄養学 三石巌 阿部出版
自己治癒力を高める医療 実践編 小西康弘 創元社
ミネラルガイド らべるびぃ予防医学研究所発行小冊子
αリポ酸ハンドブック 生田哲 らべるびぃ予防医学研究所

 

関連コラム
自宅でできるカッサのすすめ 健康診断の活用方法 三食食べてもダメ?新型栄養失調とは?

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 4

    • 篠塚 明日香
    • 篠塚 明日香
      122日前

      山岸さん、お読み頂きありがとうございます。重金属が原因と分からず不調に苦しんでいる方が多くいるのではないかと思っています。ご友人様、はやく良くなりますように。

      0

    • 山岸 奈緒美
    • 山岸 奈緒美
      127日前

      先日友人が体調不良で検査をしたところ、重金属の蓄積が原因ということでまさにキレーションを始めたところでしたので、興味深く拝読しました。
      経皮毒についても気になります。入るものはある程度気にしておく程度で、排出の方に力を入れた方がいいのかもしれないと思っているところです。

      1

    • 篠塚 明日香
    • 篠塚 明日香
      140日前

      菅原さんお読みいただきありがとうございます。ここに挙げたもの以外にも意外なものがたくさんあります。自分で調べるようになると選ぶ目も養われてオススメです。

      0

    • 菅原 房子
    • 菅原 房子
      141日前

      デトックス、勉強になります!

      摂取源は加工食品、野菜、穀物、サプリメント、歯磨き粉、消臭剤、化粧品などです。

      ここが盲点でした…

      2

WRITER

デトックスのすすめ①~有害物質の影響~

篠塚 明日香

中医館 香(シャン)店主 NPO法人中医高級保健刮痧師 AEAJアロマテラピー1級 アンチエイジングプランナー 「食事とカッサで体質改善」 不定愁訴の改善、エイジングケアを専門としています。食事療法をより一層、効果的なものにするために、自然療法カッサ、カッピングで、体の中から外からアプローチします。  

篠塚 明日香さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"美容と栄養"に関するコラム

もっと見る

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ