• COLUMN

せっかく一生懸命料理をしたのに子供がご飯を食べてくれない、特定の食べ物だけ残して困るなど、子供の食べ物の好き嫌いで悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。筆者自身も子育て中で、子供の好き嫌いには苦労しています。今回は、管理栄養士と母親の視点から、子供の食べ物の好き嫌いの対策についてお伝えしたいと思います。
最初に、子供が食事を食べないからと言って、好き嫌いが多いとは限りません。実は食事の時間にお腹が減っていなくて食べられないことも考えられます。まずは、食事以外に食べている物を見直し、しっかりと身体を動かす習慣を付けましょう。また、子供の食事パターンを把握するために、食事記録をつけるのもお勧めです。
ではここからそれぞれについて具体的に説明していきます。

対策① ご飯以外に食べているものを見直す

幼児期はまだ1回に食べられる量が少ないので、10時と15時におやつを食べる必要があります。しかし、この時、必要以上にお菓子やジュースを摂っていると、肝心の食事の時間にお腹が減っていない可能性があります。特にジュースは血糖値を上げてしまうので、空腹感を感じにくくなります。お菓子やジュースがメインになってしまっている場合は、子供と話し合って少しずつ減らすように努力する必要があります。今までダメだと言われてないのに、突然食べられなくなると子供は必ず泣き叫びます。これを乗り越えるまでは大変だと思いますが、ご飯をちゃんと食べられるようになるまで、お菓子とジュースは決められた量を10時と15時だけにしようとしっかり約束しましょう。そして、親もしっかりと約束を守ることが大切です。大人しくして欲しいからと、お菓子やジュースで解決するのはやめましょう。

対策② 積極的に外出をする

家の中でテレビを見て過ごしてばかりいると、エネルギーを消費しないので、なかなかお腹が減りません。また、家にいると子供にとってはお菓子やジュースを要求しやすく、間食をやめるきっかけ作りが難しいと思います。おやつ断ちを決意した場合は、基本的に外出する事をお勧めします。子供がおやつを思い出さずに楽しく過ごせる場所を探しましょう。公園で走り回るのも良いですし、支援センターや児童館もお勧めです。おうちに無いオモチャがたくさんあるので、子供の気をそらせやすいです。また身体を動かすために、スイミングや体操に通うのも良いと思います。

対策③ 食事記録を付けてみる

食事記録の一例です。

基本的に食べ物は無駄にしてはいけません。いつかは全部食べることを教える必要はありますが、完食するのが難しい子に無理強いをしても食べられない物は食べません。子供は何が好きで、何であれば全部食べられるのか、観察することから始めましょう。そのために、食事記録をつけることをお勧めします。1週間ぐらいつけてみると子供の食事パターンがわかります。「ご飯の分量」や「お肉はほとんど手を付けない」、「フライ系は少し食べようとするなぁ」など、いろいろと気付くことがあると思います。気付いた事を参考に今まで出していた分量を見直し、子供が食べ切れる分量を出してあげましょう。食事記録のつけ方は、メニューを箇条書きにし、それぞれだいたい何割食べられたのかの数字を横に書きます。後から見返しやすいので、記録用のノートを作りましょう。

 

関連コラム
保育園のおやつは補食
保育園給食での昆布だし
離乳食の必要性とはじめる時期

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 2

    • 竹田 裕子
    • 竹田 裕子
      38日前

      >賀茂様
      ありがとうございます。
      はい!
      是非やってみて下さい。
      何か気づきが生まれてくると思います!

      0

    • 賀茂 明子
    • 賀茂 明子
      39日前

      食事記録いいですね!私もやってみようと思います。

      0

WRITER

子供の行動、食事内容を把握していますか?好き嫌いをなくすための三大対策

竹田 裕子

博士号を取得後、療養型の病院で働いていました。 病院では献立作成を中心に、介護病棟の栄養管理、カンファレンスを担当していました。 現在は子育てに専念していて大きな活動はしていませんが、在宅でも管理栄養士として働ける場所を探しながら勉強を続けています。 また、子育てを通じて離乳食や子供時代の食育の大切さを改めて感じています。 将来的に離乳食や食育に関する事で管理栄養士として貢献できる事を考えています。

竹田 裕子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"妊娠・出産・育児"に関するコラム

もっと見る

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ