• COLUMN

今回も好き嫌いが激しい子供への対策についてお届けします。

前回までのコラムはこちら
「子供の行動、食事内容を把握していますか? 好き嫌いをなくすための三大対策」
「好き嫌いは悪いこと? すぐに子供を怒ってしまう方へ…叱らない方法を伝授」

幼児期の食育で1番大切なことは、子供に「食事は楽しい」と思ってもらう事だと思います。初めて見る食べ物でも、大好きなお父さんとお母さんがおいしそうに楽しそうに食べていたら、子供も「食べてみたい」と思ってくれるかもしれません。また、家では残す食べ物でも、友達と一緒だとその場の雰囲気で食べられることがあります。今回は、苦手な食べ物を子供が口に入れてみようと思うきっかけ作りについて提案します。

親が見本!親がおいしそうに食べる

食べてくれない子供の場合、食事の時間中、親が子供の食事に掛かり切りになって、食卓を一緒に囲んでいるようで、実際には子供とご飯を食べる時間がズレてしまっていることがあります。 私自身がそうでした。
また、わかっていてもてやってしまうのが親心ですが、ついつい子供が苦手な食べ物を正面切って食べさせようとしてしまったりします。しかしこれをしたところで、子供はほとんどのケースで食べてくれません。こちら側の子供に食べさせたいという気持ちを抑え、まずは親が先に、「いただきまーす! おいしーい!」と子供の目の前のご飯を食べて見せましょう。この時、それを見た子供の方から「食べさせて!」という言葉やそれを示す動作が出るまで我慢するのがポイントです。私の息子は自分のご飯として出された物よりも、私のお皿に乗っているおかずを食べたがっていました。同じ物でも人の物はおいしそうに見えるようです。
あとは、子供の前にご飯を出す時に少し大げさに「ジャーン!」と言ってみたり、「なんと!今日のメニューはオムライスだよー。」と楽しい雰囲気を演出してみたりすると、子供も食事が楽しくなるようです。ただ親がどんなに頑張っても、食べてくれない時は食べてくれないのが現状です。私は少しずつの積み重ねだと思って、割り切るようにしています。

 

子供が喜ぶ物を食事に取り入れる

子供にとって大好きなキャラクターの力は、親もビックリするほどの効果があります。
キャラクターのカレーやふりかけなど、利用できる物は利用しましょう。子供を対象にした商品は添加物やアレルギーに配慮してある物も多く、お勧めです。カレーやふりかけを初めて使う時は、子供の前で直接かけるところを見せてあげると食べる意欲が増すようです。
また、100円ショップに売っているかわいいピックもお勧めです。車や動物、星やハートなど、さまざまな形がそろっています。おかずや野菜に刺してあげると雰囲気で食べてくれることもあります。
それから、混ぜご飯は食べないのに、おにぎりにすると食べてくれたりします。こういった子供の好みを観察して変化を付けるのも大切だと思います。

食事環境に変化を! みんなで一緒に食べる

子供にとって食事をする環境はとても大切で、家では食べない物でも保育園や幼稚園では食べられたりします。出されたものを出された時間にきちんと食べないとお腹が空くことを、子供なりに学んでいるとも考えられますが、友達と一緒に食べることの効果がとても大きいと思われます。保育園や幼稚園のように通っている場所が無い場合は、定期的にママ友の子供たちやいとこなど、近くにいる年の近い子供と一緒にご飯を食べる機会を作るのも良いと思います。

 

関連コラム
保育園のおやつは補食
離乳食から幼児食へ~咀嚼の練習のため、食材への工夫は続く~
離乳食の必要性とはじめる時期

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 6

    • 竹田 裕子
    • 竹田 裕子
      12日前

      >太田様
      コメントありがとうございます。
      本当にその通りだと思います。食事が楽しくないのはとても残念な事ですよね。
      少しでも楽しい食卓が増えるように、これからも何か出来ることを考えていきたいと思います。

      1

    • 太田 旭
    • 太田 旭
      14日前

      共感です。最近は恐怖感をあおるようなコラムが多いように感じますが、不安故の行動変容はなかなか持続性も担保されにくく、精神的にも不健康ですよね。食べることも、学ぶことも、チャレンジすることの全てはきっとわくわくする気持ちが原動力になり、健やかな気持ちで食することでホルモン分泌バランスも安定し健康な食生活を実現できるのではと考えます。

      1

    • 竹田 裕子
    • 竹田 裕子
      31日前

      >田中様
      こちらのコラムもご覧いただき、ありがとうございます。
      ピックの件、是非お試し下さい!
      お子さんが喜んでくれる事、田中様にとっても楽しい食事になる事をお祈りしております。

      2

    • 田中 紗代
    • 田中 紗代
      32日前

      100円ショップに売っているピック、試してみます! どこに興味のスイッチがあるのか、分からないですからね。何事も挑戦していきます!

      1

    • 竹田 裕子
    • 竹田 裕子
      33日前

      >賀茂様
      嬉しいお言葉とても励みになります!
      ありがとうございます。

      1

    • 賀茂 明子
    • 賀茂 明子
      33日前

      母親目線での竹田さんコラムとてもためになります。すっかりファンです

      1

WRITER

食事を楽しんでますか? 食事は“楽しいもの”と思ってもらう工夫をしましょう!

竹田 裕子

博士号を取得後、療養型の病院で働いていました。 病院では献立作成を中心に、介護病棟の栄養管理、カンファレンスを担当していました。 現在は子育てに専念していて大きな活動はしていませんが、在宅でも管理栄養士として働ける場所を探しながら勉強を続けています。 また、子育てを通じて離乳食や子供時代の食育の大切さを改めて感じています。 将来的に離乳食や食育に関する事で管理栄養士として貢献できる事を考えています。

竹田 裕子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"妊娠・出産・育児"に関するコラム

もっと見る

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ