• COLUMN

Eatreatの栄養素事典、今回は「脂質」についてです。

脂質とは

脂質は、水に溶けず有機溶媒に溶ける性質を持つ。化学的な構造から単純脂質、複合脂質、誘導脂質の3つに分けることができます。
・単純脂質…脂肪酸とアルコールが結合した中性脂肪や、ろうのこと。
・複合脂質…単純脂質の一部に他の成分が結合したリン脂質や糖脂質のこと。
・誘導脂質…単純脂質や複合脂質から加水分解され作られるステロール類で、多くはコレステロールのこと。

脂質の働き

脂質は、細胞膜、ホルモン、核酸、血液などの構成成分となります。そして、内臓や筋肉、骨を守るクッションのような役割をします。脂溶性ビタミンやカロテノイドの吸収を助けます。
1gあたり9kcalのエネルギーを生むので、エネルギー源としても利用されます。

脂質が不足すると

脂質の不足は体のエネルギー不足に繋がり、細胞膜や血管がもろくなり、肌荒れや出血の原因にもなります。脂質は腸内で分解され脂肪酸となり腸を刺激するので、不足すると便秘にもつながります。

脂質を摂り過ぎると…

エネルギーが過剰になり、肥満や脂質異常症、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病や大腸がんや乳がん、前立腺がんなどの原因になります。

脂肪酸の種類

脂肪酸には、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸があります。摂取比率としては3:4:3が望ましいとされています。
・飽和脂肪酸…二重結合がない脂肪酸
・一価不飽和脂肪酸…二重結合が1つある。自然界に存在するシス型脂肪酸と水素結合により生成されるトランス型脂肪酸がある。
・多価不飽和脂肪酸…二重結合が2つ以上あり、どの位置に二重結合があるかによってn-3系、n-6系などに分けられる。
また、リノール酸、αリノレン酸、アラキドン酸は「必須脂肪酸」と呼ばれ、体内で合成できない、もしくは合成量が少ないため、食べ物から摂る必要があります。

参考文献
・『日本人の食事摂取基準2015年版』 第一出版
・『栄養の基本がわかる図解事典』 中村丁次 成美堂出版 2014年
・『栄養素の通になる』 上西一弘 女子栄養大学出版部 2008年

コチラも注目↓↓↓
人気のEatreatの栄養価計算機

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 2

"栄養素辞典"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

栄養素について知ろう③「脂質」とは?

若林 由香里

社員食堂、病院、老人保健施設などで管理栄養士としての経験を積んだ後、出産・育児に10年専念し、現在は自身の経験を生かした「食べたもので、体は作られる。心と体と脳に栄養を!」をモットーに、料理に込めた想いを大切にしながら活動しています。

若林 由香里さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"食材の知識・食育"に関するコラム

もっと見る

キッコーマン 基本の炒めだれ
フードキャリア
CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ