• COLUMN

祖母の介護が栄養と予防医学について考えるきっかけに

自分の進路を決める大きなきっかけになったのが、小学生の頃、私の祖母が自宅で転倒し大腿骨を骨折したことです。もともと骨粗鬆症だったこともあり、あっという間に入院、手術、寝たきり、認知症と進行してしまい、自宅に戻ってきたのは亡くなった時でした。このときから、健康を失う前に予防することができれば人はいつまでも心身ともに元気でいられるのではないかと子供なりに確信するようになりました。小学校の卒業アルバムには、将来の夢は栄養士資格と調理師免許を取ることと書きました。

高校卒業後は、短大の食物科学科で栄養士としての基礎を学びました。短大時代に複数の飲食店でアルバイトをした経験により、現場で調理をするより、多くの方と関わりたいという気持ちを持つようになりました。栄養士とともに調理師免許も取得したことによって、実際に栄養士として勤務する現場での両社の立場を想像しやすくなったのではないかと思います。

就職活動をする際、私が希望していたのは病気や疾患が出る前に食のアドバイスをする仕事でしたが、ダイエットサロンや栄養カウンセラーがいるような会社にいくつもあたってもなかなかうまくいきませんでした。自分が実際に栄養相談をするようになった今ならわかりますが、経験のない新卒の栄養士にはかなりハードルが高い職種だったと思います。
様々な会社を受ける中で初めて内定を頂いたのは、ある食品メーカーの開発部門でした。私は実際の調理にもぜひ関わりたいと思っていたので開発のお仕事は魅力的でしたが、試作と試食を一日に何度も繰り返す現場で、体調を崩す人も多いと聞き断念しました。
最終的に、自然食品のメーカーに就職。健康に関する講義が受けられる教室を併設した店舗で、有機野菜、無添加・自然食品、栄養補助食品などの店舗販売及び卸業務に携わりました。

その時目指すものに合わせて仕事を選ぶという働き方

その後、より栄養士としての強みを生かせる仕事がしたいと思い、主に高齢者介護施設などへの配食サービスを行う会社へ転職します。 この会社は高齢者施設での食堂業務の受託サービスも請け負っていたので、マネジメントスタッフとして、施設の新規立ち上げ、講習会の講師、調理職員への調理衛生指導、聞き取りアンケート調査、イベントの際の献立作成、立案、見積もり作成、商品開発、試食会への対応、入居者家族への説明など、ありとあらゆる業務を担当していました。本社が岡山県にあったので会議のための出張も頻繁にあり、とにかく目の前の業務にがむしゃらに取り組んでいました。

その後、再び転職し、とあるホテルグループがメディカル事業部門として設立した会員制健診施設へ。前々から管理栄養士の資格を取得したいと考えてはいたのですが、前職ではそのための勉強時間を作ることができなかったので、栄養士としての業務ではなかったのですが、仕事の中で健診についても学ぶことのできる職場を選んだのです。
そこでは受付事務として、当日の受付担当、問診入力や検体処理、また電話での予約などを担当。会員制の検診施設のための接遇研修などもあり、栄養相談をする上で必ず必要となるコミュニケーション力や接客の基本を養うことができました。 業務と並行して猛勉強し、無事管理栄養士の国家試験に合格。働きながら成し遂げられたということは大きな自信につながりました。

後編に続きます。

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • 菅原 房子
    • 菅原 房子
      6日前

      色々なことに果敢にチャレンジしていくって大事ですね

      0

WRITER

予防医学としての栄養学の知識をより多くの人に広めていきたい① - 大野由香梨さん

Eatreat 編集部

Eatreat編集部

Eatreat 編集部さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"インタビュー"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ