• COLUMN
国際支援 - 栄養士の仕事

日本人の栄養士はどんな国際支援の仕事をしているのか

現在、開発途上国における栄養改善への取り組みを拡充すべきという声が世界的に高まっています。そこで今回は、一体どんな日本人が国際支援に従事し、日本人の栄養士はどんな国際支援の仕事をしているのかに焦点を当てて紹介したいと思います。

日本には精密な研究器具があり、優秀な研究者もたくさんいます。また、政府や企業の努力によって、各種栄養素に係る知識や技術、日本独自の予防学や食育の仕組みの国際展開などが活発に行われるようになりました。それは日本側からの一方的なものに留まらず、途上国側からも日本のODA を利用したJICA 専門家、JICA青年海外協力隊、外務省の国際支援員などの要請が増加し、多くの日本人が世界各地で国際支援に従事しています。一方、NGO・大学・各種団体の他、民間ではコンサルティング会社や、企業の海外事業部門、CSR 部門に所属する社員の方などが活躍されています。

では、国際支援を行っている栄養士はどんなことをしているかというと、所属する組織の人事構成や事業の規模、位置付けにもよって変わるため、一概にはいえないのですが、栄養の専門家という役割に加え、事業の予算の枠組み、人員配置、スケジュール管理なども業務に含まれ、あらゆる場面でファシリテーターやコーディネーター、プレゼンテーターやカウンセラーなど、様々な役割を担っています。

これらの業務を、地理的条件、経済的条件、使用可能な設備や機材、事業実施地の組織の中での位置や役割、地域住民のモチベーション、教育水準、ジェンダー問題など多種多様な環境条件の中で、適切に計画し、指標を元に事業を評価しながら展開していきます。

「栄養士」である以前に求められる能力

国際支援をしていると、私は「栄養士」である以前に、一人の組織人であることを思い知らさらされることが多々あります。もしかしたら、私たちが日本にいる時に求められる栄養や疾患に関する高度な知識や技術とは異なり、それまであまり求められることがなかったような、プロジェクトの遂行力や組織のマネジメント力など、別の技術が必要となることの方が多いかもしれません。

 

おすすめコラム
栄養改善プロジェクトで国際的に活躍する栄養士の仕事① - 太田旭
栄養士の国際支援 – 駐在型支援とシャトル型支援
国際支援 - 栄養士の仕事
国際支援 - 強化したい6つの力
国際支援 – 青年海外協力隊の経験を通して考えたこと
日本人が国際支援に関わる強み

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 3

    • 池田 澄子
    • 池田 澄子
      1429日前

      日本より貧しい国の人々のお役に立てる、尊いお仕事だと思います。コラムの続きを楽しみに拝見したいです。

      拍手 5

    • 大倉 あやこ
    • 大倉 あやこ
      1430日前

      上海で医療に携わってきた者として、本当に共感することばかりです。
      もっともっと広い世界で活躍されている姿、本当に尊敬します。
      これからもコラム楽しみにしています!

      拍手 7

WRITER

国際支援 - 栄養士の仕事

太田 旭

【国際栄養・母子保健】一般社団法人オルスタ代表理事。途上国へ進出したい日本企業向けコンサルティング、途上国での栄養改善・人材育成事業を担当する栄養士です。2004年~出身地である宮城県にて在宅型ホスピス、認可保育園、離島での僻地医療、災害支援(東日本大震災)に従事。2012年青年海外協力隊としてグアテマラに派遣。2015年~アフリカ・アジアを中心に活動。2019年独立し、国内外の食卓から世界平和を目指している。

太田 旭さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"国際栄養"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ