• COLUMN

妊娠期にはお腹の赤ちゃんに優先的に栄養が注がれるため、栄養が足りていないと母体に影響がおよびます。特に、鉄分やカルシウムなどのミネラルは不足しやすく、積極的な摂取が求められます。そこで、今回は乾物を使った簡単にできる副菜をご紹介します。

妊娠期はミネラル不足に注意!

妊娠するとホルモンのバランスや体つきなど、母体ではさまざまな変化が起こります。
その変化の1つとして、子供へ栄養を届ける事が最優先となります。そのため、お母さんがしっかり栄養を摂らないと、母体のミネラルが不足し、妊娠中には貧血やこむら返り(足がつる)が起る要因となり、将来的には骨粗鬆症の原因ともなります。

そこで、妊娠中でも簡単に作れるミネラルが豊富な乾物と緑黄色野菜を組み合わせたレシピをご紹介します。

新触感のさっぱり味。
ヨーグルト切干大根のブロッコリーサラダ

【材料】(2人分)
切干大根    10g
ヨーグルト   50g
ブロッコリー  80g
マヨネーズ   10g
醤油      適量
塩       1つまみ
コショウ    少々

【作り方】
① 容器にほぐした切干大根、ヨーグルトを入れよく混ぜる。
(切干大根が長ければヨーグルトを混ぜる前にカットする。)
② ①を冷蔵庫で8時間以上、置いておく。
③ ブロッコリーを茹でる。
④ ②とブロッコリー、醤油、塩を混ぜ合わせる。
⑤ ④を器に盛り付け、コショウをかけてでき上がり。

*ポイント*
 ・最初の工程は前日の夜や朝食を作る時など、事前にやっておきましょう。
 ・ブロッコリーはまとめて茹でて、残りは冷蔵庫で保管すると3~4日は保存可能です。

【栄養価】
エネルギー:153kcal カルシウム:140mg 鉄:0.9mg 食物繊維:5.1g 食塩:0.4g
栄養価の詳細はこちらから確認できます。※計算結果をご覧いただくにはEatreat会員登録が必要です。

切干大根を洋風に!
切干大根とソーセージの炒め物

【材料】(2人分)
切干大根    10g
もやし     50g
小松菜     50g
ウインナー   30g(1本)
オリーブオイル  5g
塩       1つまみ
醤油      少々

【作り方】
① 切干大根は水で戻し、食べやすい長さに切る。
② 小松菜は食べやすい大きさに切り、ウインナーは斜め薄切りにする。
③ フライパンにオリーブオイルを引き、ウインナーを炒める。
④ ③に①の切干大根を入れて軽く炒める。
⑤ ④にもやし、小松菜の軸を入れて軽く混ぜたら蓋をする。
⑥ 30秒ぐらい経ったら、⑤に小松菜の葉を入れて軽く炒め蓋をする。
⑦ ⑤の小松菜の葉が柔らかくなったらしっかりと炒め塩、醤油で味を整えてでき上がり。

*ポイント*
・油はある物で自由に変えて下さい。
・味付けは塩と醤油の代わりに中濃ソースを使っても美味しいです。

【栄養価】
エネルギー:187kcal カルシウム:140mg 鉄:2.1mg 食物繊維:3.7g 食塩:0.8g
栄養価の詳細はこちらから確認できます。※計算結果をご覧いただくにはEatreat会員登録が必要です。

次回は、ひじきを使った簡単サラダのレシピをご紹介します。

参照:明治ブルガリアヨーグルト倶楽部 http://www.meijibulgariayogurt.com/special/kanbutsu-yogurt/

関連コラム
『妊娠中の肥満は危険?正しい体重管理』
『妊娠中に摂りたい栄養素とは』
『出産後の食事について-授乳中の食事のポイント』

【栄養価の詳細】
下の栄養計算機の画面からご覧ください。
「ヨーグルト切干大根のブロッコリーサラダ」
「切干大根とソーセージの炒め物」
※ご覧いただくにはEatreat会員登録が必要です。

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 2

    • 竹田 裕子
    • 竹田 裕子
      244日前

      >賀茂様
      ありがとうございます!
      よろしければ是非作ってみていただけると有り難いです。

      拍手 0

    • 賀茂 明子
    • 賀茂 明子
      249日前

      さっぱりしていてとてもおいしそうですねーー!! 

      拍手 0

"妊娠期に! ミネラルが豊富な乾物を使ったレシピ"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

妊娠期のミネラル豊富な【レシピ】ヨーグルト切干大根のブロッコリーサラダ&切干大根とソーセージの炒め物

竹田 裕子

長男の出産を機に家庭に入り、大きな活動はしていませんでしたが、2017年10月に「こどものごはん」を立ち上げ、現在は食育の普及活動に力を入れています。 3兄弟(3歳の息子と0歳の双子の息子)の母親と管理栄養士としての視点を合わせて、実践できる「こどものごはん」について考え、伝えていきたいと思っています。 経歴としては、博士号を取得後、療養型の病院で献立作成を中心に、介護病棟の栄養管理、カンファレンスを担当し働いていました。

竹田 裕子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"妊娠・出産・育児"に関するコラム

もっと見る

キッコーマン 基本の炒めだれ
フードキャリア
CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ