• COLUMN

Eatreatの栄養素事典、今回は「ナトリウム」についてです。

ナトリウムとは

原子番号は11、元素記号はNaでアルカリ金属元素の一ひとつです。
ナトリウムは生命活動の維持に必須の栄養素で、1/3は骨に、残りは細胞外液に含まれています。体の水分量を保持しながら、細胞外液や血液の量を調節しています。細胞の膜にはナトリウムとカリウムをくみ出すポンプ機能が備わっていて、ナトリウムとカリウムでバランスを取りながら水分調整を行っています。他には胆汁酸や膵液の材料になったり、筋肉の働きや神経の伝達を正常に保ったりするつ働きもします。小腸で吸収され、皮膚や便、尿から排出されます。

ナトリウムを摂りすぎると

ナトリウムは食事から食塩(塩化ナトリウム)として摂取されることが多いです。基本的には排泄されますが、過剰な状態が慢性的になると、日本人の8割は遺伝的に体に蓄積しやすくなります。
過剰摂取すると、むくみや高血圧、胃がんや脳卒中などのリスクが上がります。

ナトリウムが不足すると

食事から十分摂取しているので、不足することはありません。腎臓機能が正常であれば、ナトリウムの再吸収を腎臓で行うので欠乏することはありません。しかし、大量に汗をかいたり、激しい下痢、利尿剤により多量のナトリウムが排出されたりすると、体の水分や血液が減少し、食欲低下やだるさを生じたりします。

食塩相当量の算出の仕方

食塩は塩化ナトリウムのことを言います。食品成分表ではナトリウムを「食塩相当量」に換算します。 食塩相当量g=ナトリウム(Na)mg×2.54÷1000

ナトリウムは1日にどれくらい摂ればいいの?

成人の推定平均必要量は約600mg/日で、食塩相当量に換算すると1.5g/日になります。日本人の平均的な食生活では必要量を下回ることはないため、推奨量は設定されていません。
欧米では食塩摂取量を6g/日以下と推奨されていますが、日本では7.5g~9.0g未満を目標量として設定しています。

参考文献:
・『日本人の食事摂取基準 2015年版』 第一出版
・『栄養の基本がわかる図解事典』 中村丁次 成美堂出版 2014年
・『これは効く!食べて治す最新栄養成分事典』 中嶋洋子・蒲原聖可 主婦の友社 2017年

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 2

    • 田中 紗代
    • 田中 紗代
      18日前

      猛暑の時の食塩必要量ってどうなんだろうって常々思ってます。スポーツ時の水分補給の時のナトリウム分については検索して探せるものの、特に運動しない状態の猛暑の時がよくわからなくて。

      拍手 0

WRITER

栄養素について知ろう④「ナトリウム」の働き、糖質とは?

若林 由香里

社員食堂、病院、老人保健施設などで管理栄養士としての経験を積んだ後、出産・育児に10年専念し、現在は自身の経験を生かした「食べたもので、体は作られる。心と体と脳に栄養を!」をモットーに、料理に込めた想いを大切にしながら活動しています。

若林 由香里さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"食材の知識・食育"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ