• COLUMN

キャリアアップ、異業種チャレンジ、環境改善など…、以前と比べて一人一人の生き方が幅広く自由に選択ができるようになった現在、転職は非常に身近な存在になりました。誰もが一度は、転職について考えるようになった時代と言っても過言ではなく、管理栄養士・栄養士についてもその傾向が見られるようになってきました。
そこで今回は、株式会社シンクロ・キャリア(旧・株式会社ウィット)による管理栄養士・栄養士の有資格者の転職支援、資格支援の取り組みや想いについてご紹介したいと思います。

高まる管理栄養士・栄養士のニーズ

食事は身体との関係が深い、毎日の大事な「営み」だと思います。特効薬のように即効性はありませんが、日々の積み重ねで体は確実に変わります。また、食事というものは間違った取り方をすると、大きな健康問題につながってしまうことがあります。
昨今、平均寿命が延びるにつれ、健康寿命という言葉が一般的になってきました。若い方の間にも予防医療やボディメイクが流行し、これまで当たり前だと思われていた「健康」や「体作り」の話題に、スポットライトが当たるようになりました。
従来、管理栄養士・栄養士の活躍の場は、病院や老人福祉施設、保育園や給食などが主だったのですが、今では、食品メーカーや美容の世界、スポーツの世界、ベンチャー企業など、新しい分野でのニーズが増えてきています。

この流れに乗り、新しい環境で活躍されている管理栄養士・栄養士もたくさん存在しています。そういった方々は日頃から能動的に動き、各種ニーズに応えようと勉強されていて、しっかりと経験を積んでいます。

流れの早い時代の中での女性としての転職

株式会社シンクロ・キャリアでは、女性向けに飲食業界の求人情報を発信するサイト「フードキャリア」を運営しています。サイトでは、こういった自ら進んで努力ができ、夢を持って転職活動をする管理栄養士・栄養士の方々が転職によって、よりよい方向へ進んでいくためのバックアップをしています。
AIといったテクノロジーがどんどん進化するなど、時代は常に移り変わっていきます。昔に比べて効率よく時間を使えるようになってきた反面、人とリアルでつながる場面は減ってきたりしています。
また、女性は男性に比べて、ライフステージが多岐に渡っています。結婚するも良し、子どもを産むも良し、キャリアを軸として社会で活躍するのも良しと、女性の働き方や活躍の場は多種多様となっています。個人差も大きく、自身の望む「目標」に一歩で到達できる方もいれば、十歩、二十歩と必要な方もいます。
フードキャリアでは一人一人の状況に応じて、その方に今何が足りなくて何が必要なのかを探り、女性としてどんな風に生きていくのがベストなのかを一緒に考えながら、それぞれに合ったライフスタイルを見つけられるような転職のサポートを行っています。

個人の能力が正しく評価される資格支援サービス

フードキャリアでは、企業に対して講習や勉強会を定期的に開催し、管理栄養士・栄養士の必要性や価値を提案しています。また、スキルチェックテストも実装し、管理栄養士・栄養士それぞれが持つスキルを可視化することで、個人の能力が企業から正しく評価されるような資格支援も行っています。

最後に…

転職は誰もが不安になる事だと思います。私たちと面談をした結果、転職しないという選択をする方もいらっしゃいます。ご自身が納得いく選択ができるよう、自分一人では見えない部分を、フードキャリアと一緒に見つけていきましょう。
将来、「これで良かった!」と、心から思える転職をされる方を今後も増やしていきたいと考えています。

シンクロ・キャリアを通して転職した方のご紹介

石野様…現在株式会社レオックにて管理栄養士として活躍中

■シンクロ・キャリアを知った経緯、転職のきっかけは?

転職サイトを見ていたら気になる求人があったので連絡してみたところ、シンクロ・キャリアが募集しているものでした。元々、直営の保育所や事業所、病院を経て給食会社へ勤めていましたが、前職は、1食1500食以上の事業所に勤めていました。2年目あたりから後輩栄養士の指導や実習生の対応が主な仕事となり、メニューなどの本体部分から外れるようになりました。4年経ったころ、思い切って転職に踏み切りました。

■シンクロ・キャリアで面談をして感じたこと

人材紹介会社の利用はシンクロ・キャリアが初めてでした。きっとこの業界について詳しい方が相談に乗ってくれると思い、その方から見て今の私はどうなのか、ほかの職場はどのような感じなのかを聞けたらいいな、という気持ちで面談に臨みました。2時間くらいお話しさせていただきましたが、業界の情報を惜しみなく教えてくださり、いわゆる、“相場”(給料や、大変さ、職場の雰囲気など)のようなものも知ることができました。
また、意外かもしれませんが、担当してくださった方が、「管理栄養士」ではなかったことも私の場合は良かったです。「一般的な会社員から見て」という視点でアドバイスをくださるので、何かと勉強になりました。

■新しい就職先でのやりがい、課題、今後の展望

今は、大手エンターテインメント会社の社員食堂で働いています。応募をした会社の方から打診があり、ぜひ!とお受けしました。というのも、数年前から私が一番好きなアーティストがそこの会社所属だったからです。メニューフレーム数も前職とほぼ同じだったこともあり、やりやすそうだなと思えましたし、プラス日替わりのデリが10品あることや、新設のオープニングスタッフであることもなど、どれもワクワクする挑戦してみたいものばかりでした。

こちらの事業所では、アーティストのミリオンヒットや記念日などに“食堂無料デー”があります。私が一番好きなアーティストの食堂無料デーの際にちょっとしたエピソードがあります。そのアーティストのとある曲には果物がたくさん出てくるのですが、2年程前、その曲を聴きながら、「ここに出てくる全部のくだものを入れたフルーツウォーターを社食でやりたいなー」と思ったことがありました。そのフルーツウォーターは叶いませんでしたが、そのアーティストに絡めたメニューを提案して、そのアーティストを支える皆様と一緒にお祝いできたことは、2年前の自分には想像もつかないことでした。

■転職を振り返ってみて、また転職に悩んでいる方へ一言

私は手当たり次第に転職すれば良いとは思いません。転職は、せっかくご縁があった今の場所で精いっぱいやったと思えた上でなら、ひるまず進んで良いと思っています。シンクロ・キャリアのように、この業界について長く、深い部分までよく知っている方たちに相談をし、自分の理想とする働き方があるのか、自分の市場価値はどうなのかを聞くだけでも大変今後のためになり、面白いと思います。皆さんにもよいご縁がありますように。


『フードキャリア』のサイトはこちらから!

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 0

  • No post.

    まだ投稿がありません。

WRITER

管理栄養士・栄養士の転職・キャリアアップを強力サポート~フードキャリア~

Eatreat 編集部

Eatreat編集部

Eatreat 編集部さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"求人情報"に関するコラム

もっと見る



CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ