• COLUMN

青年海外協力隊の実態

私は2012~2015年まで青年海外協力隊の栄養士として中米へ渡り、帰国後は現所属先で国際的に栄養改善事業を実施しています。そんな背景もあり、青年海外協力隊や国際栄養に興味がある方からよく進路の相談を受けることがあります。今回は青年海外協力隊制度の紹介と、志す方からよくある質問について紹介したいと思います。

青年海外協力隊の実態

青年海外協力隊とは

青年海外協力隊とは日本国政府が行うODAの一環として、外務省所管の独立行政法人国際協力機構 (=JICA) が実施する海外ボランティア派遣制度です。青年海外協力隊の募集年齢は20~39歳で、募集期間は年2回(春と秋)。募集される分野は農林水産・保健・医療・観光・教育・スポーツなど120以上もの職種に分かれています。この制度に応募して、毎年約1400名の日本人が途上国へ2年間派遣されています。

ここからは青年海外協力隊の応募に関してあまり知られておらず、よく質問を受ける事項について紹介します。

何も資格がなくても応募できる職種がたくさんある

栄養士職種への応募は栄養士の資格が必須条件となっていますが、特に資格を問われない職種に応募して、栄養士隊員と同じような活躍をすることもできます。いくつか例を挙げると、小学校教育職種で応募し、学校にて栄養を切り口に教育を実施したり、コミュニティ開発職種や家政・生活改善職種へ応募し、食・衛生を切り口に教育を求められ、実施したりするという場合もあります。

無給で全額自腹というわけではない

派遣される国などにより金額は異なりますが、居住費・交通費・安全対策費・健康管理費などが含まれる一定の金額が支給されます。ぜいたくをせず普通に現地で暮らしていれば不足するような額ではありません。

派遣国の語学力がゼロでも応募できる

青年海外協力隊の実態

様々な言語を使って活躍している青年海外協力隊員ですが、英語を含む11言語のいずれかで応募が可能となっています。

応募の段階で希望する派遣先の言語スコアを習得していなくても大丈夫ということです。合格し派遣国が決定後にはweb上で学習したり、派遣前に参加する約2か月間の研修に参加したりすることで、基礎を習得できるレベルにまでみっちり勉強できます。

研修前に国際協力の基礎など必要な知識を深めておきたいという方には、青年海外協力協会(=JOCA)が運営する無料のオンライン講座があるのでぜひ利用してみると良いでしょう。

青年海外協力隊講座サイトURL: http://www.joca.or.jp/wbt/

 

おすすめコラム
国際支援 – 青年海外協力隊の経験を通して考えたこと
海外の『食』情報の習得方法
日本人が国際支援に関わる強み
栄養士の国際支援 – 駐在型支援とシャトル型支援
国際支援 - 栄養士の仕事
国際支援 - 強化したい6つの力
青年海外協力隊体験談 前編

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 2

    • 米山 久美子
    • 米山 久美子
      1367日前

      私も若かりし頃、青年海外協力隊への参加を考えていた時期がありました!!その頃に太田さんに出会っていればなにか変わっていたかもしれません!興味持っている人沢山いると思いますので、貴重な情報ですね!

      拍手 4

    • 大西 史
    • 大西 史
      1371日前

      私も青年海外協力隊への参加を真剣に考えていた時期がありました。このような具体的な情報は、参加を検討されている方にとても役立つと思います。

      拍手 7

"青年海外協力隊体験談"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

青年海外協力隊の実態

太田 旭

【国際栄養・母子保健】一般社団法人オルスタ代表理事。途上国へ進出したい日本企業向けコンサルティング、途上国での栄養改善・人材育成事業を担当する栄養士です。2004年~出身地である宮城県にて在宅型ホスピス、認可保育園、離島での僻地医療、災害支援(東日本大震災)に従事。2012年青年海外協力隊としてグアテマラに派遣。2015年~アフリカ・アジアを中心に活動。2019年独立し、国内外の食卓から世界平和を目指している。

太田 旭さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"国際栄養"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ