• COLUMN

カリウムとは?

カリウムは、成人体内に約200g含まれており、大部分は細胞内液に存在しています。細胞外液のナトリウムと相互作用して、細胞の浸透圧を維持し、水分量を保持する役割を果たしています。
簡単に言うと、ナトリウムが多いと体内に水分を取り込み、カリウムが多いと体外に水分を排出する役割を持っています。つまり塩分を摂り過ぎると、浮腫(むく)みにつながります。

浮腫みにも関係するカリウム

浮腫みの原因としては、座りっぱなしや立ちっぱなしなども考えられますが、浮腫みやすい方は、食事の味の好みが濃くありませんか? 思い当たる方で浮腫みやすいという人は、カリウムをしっかり摂りましょう。ナトリウムの過剰摂取は問題ですが、カリウムは過剰になることはありません。
カリウムを多く含む食品は、野菜や果物、海藻類です。熱に弱く、茹でこぼすと約30%のカリウムが失われます。高血圧で塩分を気にしている方は、料理に野菜や海藻をたくさん入れると、塩分の排出も促されます。味噌汁は野菜や海藻などを入れて具だくさんにすれば、問題ありません。

足のつりにもカリウムが関わっている

カリウムとナトリウムのバランスは、筋肉の収縮(ちじみ)や弛緩(ゆるみ)とも関係します。特に、カリウムは筋肉の弛緩の働きに関係しているので、欠乏すると足がつるといったことも起こりやすくなります。

夏バテ予防にカリウムを

夏は汗をたくさんかくため、ナトリウムと同時にカリウムも失います。そのため、カリウム不足になりやすいのです。体内はナトリウムの濃度が高まっているため、喉が渇き水分を欲します。水をたくさん飲むと、体液が薄まることで夏バテや食欲不振の原因になります。 カリウムを失いやすい原因は以下の通りです。

【カリウムを失いやすい原因】
・熱による調理、カリウムは水に溶けやすい
・食塩の摂取量が多い(濃い味、加工食品、スナック菓子など)
・ストレス
・下痢や嘔吐
・コーヒー、紅茶などカフェインが多く、利尿作用のあるものの摂取

腎障害がある場合

また、腎臓に障害があると、カリウムの排出が出来なくなるため高カリウム血症となり、カリウム制限が必要な場合もあります。医師と相談しながら対応していきましょう。

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      73日前

      Eatreat編集部です。
      新年最初のコラムは、栄養素辞典のカリウムについてです。
      今年もよろしくお願いします!

      拍手 0

WRITER

栄養素について知ろう⑤「カリウム」の働き

岡田 あき子

フリーランスのスポーツ管理栄養士です。 アスリートのサポート、スポーツ栄養の料理教室、 実業団チームの合宿帯同、記事執筆、セミナー開催などやっています。 管理栄養士 体育科学修士 食アスリート協会認定 シニアインストラクター 日本健康食育協会 シニアマスター

岡田 あき子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"食材の知識・食育"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ