• COLUMN

管理栄養士の加藤知子さんが、食塩摂取量を減らすための食事や食事指導法について解説する連載です。栄養士としての視点を交えながら、減塩の話題や栄養指導や保健指導に活かせるレシピなどを紹介していきます。今回は、栄養指導で好評のレシピを紹介します。

栄養指導や食事相談時に、献立やレシピを紹介することが多いと思います。対象者の特徴に合わせて栄養士が自らレシピを考案する機会もあるのではないでしょうか。
今回はこれまでに私が栄養指導で紹介した食塩控えめレシピのうち、「作ってみました!」「美味しかった」「リピートしています」と好評だった3品を紹介します。

人気になるレシピは?

特に好評で人気になるレシピには主に次の二つがあります。

「時短レシピ」
不動の人気です。仕事で帰宅時間が遅く食事の支度に時間をあまりかけられないという方も多くいます。少ない材料ですぐに作れる、鍋・フライパン1つで出来て、食後の洗い物も少ないものがおすすめです。女性の社会進出といった社会背景に合わせて、今後もますます時短レシピのニーズが高まることが予想されます。

「簡単レシピ」
高度な調理技術や特殊な調理器具、変わった調味料などを使用する場合、毎日の料理ではハードルが高くなります。シンプルな調味料や食材で作れるものが良いでしょう。

それではレシピをご紹介します。

【レシピ】豚玉丼

【材料】(2人分)
・豚もも薄切り肉…120g
・しめじ…1/2パック(50g)
・ねぎ…1/2本分(40g)
・卵…2個(100g)

・A:合わせだれ
 ・マルハチ村松「めんつゆつけ汁用」…大さじ1(18g)
 ・水…100ml

・ごはん…360g(1人分180g)

【作り方】
① 豚肉は食べやすい大きさに切る。しめじは石づきを取ってほぐし、ねぎは斜めに切る。
Aを混ぜ合わせる。
② 小さめのフライパンにAを火にかけて、①の食材を入れて煮る。豚肉は広げるようにして入れる。
③ 火が通ってきたらとき卵を回し入れ、好みの卵のかたさまで煮る。

【栄養価】(1人分)
エネルギー…495kcal
たんぱく質…25.2g
脂質…9.5g
炭水化物…73.7g
食塩相当量…1.3g

【こんな方へおすすめ】
昼食や夕食に自炊をしている方
自炊に挑戦したい方
外食のどんぶりものや、お弁当など食塩の多い料理を食べる方

【コメント】
フライパン1つでできる時短メニューです。薄切り肉と卵、ねぎやきのこなど火が通りやすいので、時間短縮になります。ねぎはカット済のものを使えばいっそう手軽にできます。
※きのこは冷凍もできます。石づきを切り落とし、ほぐして保存用密閉袋に入れて冷凍します。

【レシピ】ナムル

【材料】(2人分)
・きゅうり…1本(100g)
・もやし…1/2袋(100g)

・A:合わせだれ
 ・マルハチ村松 「中華風だし」…小さじ1(4g)
 ・ごま油…小さじ1(4g)
※好みですりおろしたニンニク、すりごまなど

【作り方】
① きゅうりはせん切りにする。もやしはひげ根を取り、熱湯で茹でる。冷水にとって水けをよくしぼる。 ② Aをよく混ぜ、①とあえる。

【栄養価】(1人分)
エネルギー…38kcal
たんぱく質…1.5g
脂質…22g
炭水化物…3.9g
食塩相当量…0.6g

【こんな方へおすすめ】
野菜の摂取量が少ない方
野菜レシピを紹介したい方
野菜が苦手なお子さん

【コメント】
ゆでた野菜に和えるだけの簡単レシピ。茹でた人参、にら、小松菜やほうれん草などの青菜、千切りにしてさっとゆでたピーマンにも合います。たくさん野菜が食べたいときに。
野菜の水けをよく絞るか、ふき取って食べる直前に和えると水っぽくなりません。

【レシピ】季節野菜のピクルス

【材料】(約4人分)
・きゅうり…1/2本(50g)
・赤パプリカ…1/4個(70g)
・にんじん…50g
・みょうが…2個(40g)

・ピクルス液
 ・マルハチ村松「鰹の素 桜印」だし汁…200ml
 ・酢…50ml
 ・砂糖…小さじ1(3g)
 ・塩…小さじ1/4(1.5g)

【作り方】
① ピクルス液のだし汁、酢、砂糖、水、塩を小鍋に合わせ火にかけ、沸騰し砂糖と塩がとけたら、火を止めて冷ましておく。
② にんじんは皮をむく。野菜はすべて食べやすい大きさに切り、熱湯に30秒程度軽く湯通しし、熱湯消毒した容器に入れる。野菜が熱いうちに①を流し込む。
③ ふたをして冷蔵庫で漬け込む。

【栄養価】(1人分)
エネルギー…14kcal
たんぱく質…0.5 g
脂質…0.1 g
炭水化物…0.3 g
食塩相当量…0.1g
※ピクルスの栄養計算は、ピクルス液の40%が浸透したと考えて計算しております。

【こんなときにおすすめ】
漬物など塩蔵品の代わりとして
常備菜として、またはお弁当のおかずとして

【コメント】
今回使用した野菜のほか、旬に合わせて野菜をアレンジしても楽しめます。大根、セロリ、かぶ、カリフラワー、玉ねぎで作っても美味しいピクルスになります。 濃いだし汁を使用することで食塩が少なくてもうまみがあります。多めに作り置きして、常備菜にすると便利です。常備菜に、お弁当のおかずにおすすめです。

今回のおすすめ商品

めんつゆつけ汁用
良質なさば節、煮干し、かつお節などのだしをふんだんに使用した、風味豊かなつけ汁用めんつゆです。

中華風だし
じっくり煮込んだチキンと香味野菜の風味豊かな中華風だしの素です。

鰹の素 桜印
何種もの節類を絶妙なバランスでブレンドし、カツオ・マグロエキスをコーティングしました。
伸びのあるだし汁がとれ、豊かな味わいと深いコクが生まれます。

サンプルお問い合わせ先
※リンク先はマルハチ村松企業サイトとなっております。

協賛:株式会社マルハチ村松

だしと食事のマルハチ村松コラムシリーズ
第1回 栄養士必見!一歩先をいく減塩指導
第2回 栄養士必見!20代のうちに知っておきたい&学んでおきたい食事術
第3回 だしがあればアレンジ簡単。押さえておきたい夏のおかず3選
第4回 栄養指導で教えたくなるだし活用法
第5回 高血圧症が気になる方に~高血圧症を予防する食事のコツ
第6回 1食2g以内に塩分を抑える!食塩を減らす食事の工夫
第7回 栄養指導で大好評!教えたくなる簡単レシピ
第8回 高血圧症が気になる方に~高血圧症を予防する食事のコツ

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      73日前

      Eatreat編集部です。今回はイートリスタの加藤さんのコラムシリーズ「第7回 栄養指導で大好評!教えたくなる簡単レシピ」です。おいしそうなレシピが盛りだくさんです。

      拍手 1

"マルハチ村松"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

第7回 栄養指導で大好評!教えたくなる簡単レシピ

加藤 知子

イートリートアカデミー本気で特定保健指導したい人向け講座【知識編】の講師。 仙台白百合女子大学卒業。 総合病院勤務、人間ドック・健診機関勤務を経て、現在一般社団法人食サポートオフィス代表。 生活習慣病を予防するための生活・食事相談から疾病により食事療法を必要とする方への食事相談など広範囲にわたって食生活をサポートしている。 特定保健指導制度の開始とともに特定保健指導室の立ち上げや特定保健指導に従事。 現在はWEBサイト・雑誌・書籍への掲載やレシピ提案、特定保健指導や外来栄養食事指導に従事する管理栄養士へのトレーニングを行っている。 【所有資格】 管理栄養士、看護師 日本糖尿病療養指導士、病態栄養認定管理栄養士

加藤 知子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"栄養の知識・食育"に関するコラム

もっと見る



CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ