• COLUMN

イートリスタ米山久美子さんによる「本気で訪問栄養食事指導をしたい人向けケーススタディ講座」が、2月16日に開催されました。
こちらは「本気で訪問栄養食事指導をしたい人向け実践講座」の受講生を対象としたフォローアップ講座で、3カ月に1度開催しています。講座名の通り、本気で訪問栄養食事指導を実践している、または実践したいと希望している方々が集まりました。

参加者の方から自己紹介

はじめに、参加者の方から自己紹介をしていただきました。フォローアップ講座はリピーターの方が多く、近況報告も兼ねてとなりましたが、この自己紹介タイムであらためて周りの方の専門や状況などを知ることができたようです。

動向や学会情報について学ぶ

講師の米山さんからの情報提供では、診療報酬改定内容の詳細、日本臨床栄養代謝学会(JSPEN)についてお話をいただきました。普段1人で活動することの多い管理栄養士にとって、このような情報共有の場は貴重です。

実践者による症例発表&ディスカッション

続いて既に訪問栄養食事指導を行っている参加者の2名から症例発表がありました。症例を通して感じたこと、学んだことを発表していただく、アウトプットの時間です。また、発表者の方から共有された相談事項について、参加者同士でアドバイスを行う姿も見られました。

症例検討① 認知症症状のある心不全患者への支援
発表者からは、「認知症症状のある患者さんへの食事内容の聞き取りのコツは?」、「心不全患者の水分摂取はどうする?」、「認知症等による訪問拒否がある場合の対応策は?」などの質問があり、参加者同士でアドバイスやディスカッションを行いました。

1例目の症例発表については、参加者からは「食事介助しているヘルパーさんから食事内容を聞き取る」、「コップよりもペットボトルの方が水分量はわかりやすい」、「訪問の事前電話をしないことで警戒されるのを防ぐ(予約していただいているから問題ない)」などの意見がありました。

米山さんからは「レシートの内容と冷蔵庫の中身を確認する」、「水分量は主治医ともう少し検討するべき」等のアドバイスをいただきました。

症例検討② 認知症による食思低下で胃瘻を勧められている患者について
発表者からは、「栄養付加量や内容について」、「おすすめの栄養補助食品が知りたい」、「胃瘻にならないためにサポートできることは?」などの質問があり、参加者同士でアドバイスやディスカッションを行いました。

2例目の症例発表については、参加者からは「胃瘻を検討するのも1つの選択肢である」、「イノラス(大塚製薬工場)が、300kcal タンパク12gでお勧め」、「栄養剤にフルーチェを混ぜる」といった意見がありました。

米山さんからは「まずは栄養補助食品で元気になってもらい、好きなものを食べてもらう」、「患者が後悔しないような決断を家族に選択をしてもらう」等のアドバイスをいただきました。

フリーディスカッションでお悩み解決!

症例発表後は、実践者の皆さんが気軽に相談できる時間を設けました。

参加者の方からは、「訪問栄養における管理栄養士の卒業(介入終了)はいつか?」、「宅配食って正直どうなの?」というような実践者ならではの疑問や悩み、「無所属の管理栄養士の契約の仕方は?」、「交通費はもらっている?」、「栄養スクリーニング・アセスメント・モニタリングは同じ用紙にまとめていいのか?」、「栄養ケアステーションでの働き方は?」など、これから訪問栄養食事指導を実践したい方からの相談がありました。

訪問栄養食事指導で役立つ情報収集

講座の終盤には、株式会社大塚製薬工場様より訪問栄養食事指導で役立つ情報提供と試食の時間がありました。

<今回のセミナーで試食した商品のご紹介>
今回、展示ブースを出展くださった株式会社大塚製薬工場は、大塚グループの発祥会社であり日本の輸液のリーディングカンパニーです。
特に在宅で介護を受けられているご高齢の方の脱水対策やエネルギー補給のために役立つ商品の紹介をしていただきました。

商品名:経口補水液オーエスワン(OS-1)

オーエスワンは、電解質と糖質の配合バランスを考慮した経口補水液です。
軽度から中等度の脱水状態の方の水・電解質を補給・維持するのに適した病者用食品です。
感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水状態、高齢者の経口摂取不足による脱水状態、過度の発汗による脱水状態等に適しています。また、そしゃく嚥下困難な方や、小さなお子様にも飲みやすいゼリータイプもあります。

商品名:HINEX リハデイズ

リハデイズは、エネルギーやタンパク質量を配慮するとともに、BCAA(3,400mg)、ロイシン(2,300mg) 、シトルリン(1,000mg) 、ビタミンDおよびカルシウムを配合しました。手軽にタンパク質(11.0g)補給ができる製品です。

試飲では、「オーエスワンゼリーの蓋が開けやすくなった」、「ゼリータイプが飲み込みやすい」「リハデイズは味がおいしい」などの感想がありました。

最後に、ネスレ日本株式会社 ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー様から「アイソカル 100」と
「アイソカル ゼリー ハイカロリー」をご提供いただきました。少量で高カロリーの商品で、
病院や施設だけでなく、在宅での使用も広がっていることを説明させていただきました。
今回、ネスレ様から参加者全員にお土産としてサンプルをいただきましたので、
皆さまにお持ちかえりいただきました。

 

満足度100%!参加者の感想

参加者の皆様からは次のような感想をいただきました。皆様講座に大変満足されていたようでした。

●自分の実施している訪問栄養の方法や数値計画について、合っているか確認が出来てよかったです。エンシュアのゼリー化が勉強になりました。(30代・管理栄養士)

●在宅栄養管理における問題点の把握(制度、栄養管理療法の視点から)介護報酬改定などの情報提供、症例提示(認知症患者に対してヘルパーさんと連携をとる、など)がとても勉強になりました。(20代・管理栄養士)

●訪問栄養指導の現状、情報を得るために参加しました。米山先生の情報提供が勉強になりました。(30代・管理栄養士)

●悩みを聞いて欲しいと思い参加しました。フリートークの時間がよかったです。(40代・管理栄養士)

●知恵をいただきたいと思い参加ました。ゼラチンを上手く使っていくことが知られてよかったです。(50代・管理栄養士)

●在宅に実際に訪問している方のNCPの方法についてや対応方法など、色々な事例を聞いてみたいため参加しました。。栄養管理や最新の動向など、とても勉強になりました。(40代・管理栄養士)

●管理栄養士同士で将来の検討をしたかったため参加しました。認知症の方の食事内容の聞き取り方法、栄養剤の使い方などが、参考になりました。(20代・管理栄養士)


本講座はより多くの症例にふれる機会を通して、経験豊富な講師の米山さんからの実践的なアドバイスだけでなく、参加者同士でのアイデアの出し合いや情報交換をするよい機会になりました。

 

今後の日程

『本気で訪問栄養食事指導をしたい人向けフォローアップ講座』2020年の講座予定
【5/17】本気で訪問栄養食事指導をしたい人向けフォローアップ講座
【8/30】本気で訪問栄養食事指導をしたい人向けフォローアップ講座
【11/15】本気で訪問栄養食事指導をしたい人向けフォローアップ講座
※各回 14:00~17:00(受付13:45~)

訪問栄養食事指導を学びたい方はこちら!

『本気で訪問栄養食事指導をしたい人向け実践講座(初心者向け)』2020年の講座予定
【3/17.3/18 2回コース】本気で訪問栄養食事指導をしたい人向け実践講座(初心者向け)
【6/20.6/21 2回コース】本気で訪問栄養食事指導をしたい人向け実践講座(初心者向け)
【8/5・8/6 2回コース】本気で訪問栄養食事指導をしたい人向け実践講座(初心者向け)
【12/12・12/13 2回コース】本気で訪問栄養食事指導をしたい人向け実践講座(初心者向け)
※各回、10:00~16:00(受付9:45~)1時間程度のお昼休憩あり

 

株式会社大塚製薬工場様について

設立:1969年10月7日(創立 1921年9月1日)
従業員数:約2,266名(2018年12月31日度現在)
本社: 徳島県鳴門市撫養町立岩字芥原115
サイト:https://www.otsukakj.jp/

 

 

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      113日前

      Eatreat編集部です。今回は、実践者による症例発表&ディスカッションが盛り上がった本気で訪問栄養食事指導をしたい人向けフォローアップ講座のイベレポです。

      拍手 0

"訪問栄養指導イベントレポート"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

【2/16】本気で訪問栄養食事指導をしたい人向けフォローアップ講座 開催

Eatreat 編集部

Eatreat編集部

Eatreat 編集部さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"イートリートアカデミー"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ