• COLUMN

腸を手術した後の食事について、シリーズ全4回の第3回目です。
前回のコラムはこちらをご覧ください。

消化管に負担をかけない食べ方

腸の手術後、入院中は消化管への負担が少ない食材や調理法で作られた食事が提供されます。特に食べてはいけない食品はありませんが、腸の動きは完全に回復したわけではないため、食べ方には工夫が必要です。

下表の安心して食べやすい食材・調理法を中心とした食事をして、硬くて消化の悪い食材や刺激の強い食材、油脂を多く使う油料理は、手術直後は避けます。
食事をとるときは「よく噛んで口の中で細かくして食べる」「ゆっくり少量ずつ食べる」という意識をもって食べましょう。

〈安心して食べやすい食材と、少量ずつ始めていきたい食材の一覧表〉

この表の消化に良い食材であっても、一度に大量に食べたり、早食いをしてしまうと消化器症状のトラブルが起こりやすくなります。少量ずつ、ゆっくりと食べましょう。

【ポイント】
①食事はゆっくり時間をかけ、十分によく噛んで食べる
時間をかけて食べることで消化器症状のトラブル予防になります。早食いになりがちな麺類などはよく噛んでから飲み込みましょう。
②1日3回、規則正しい時間に食事をする
時間をある程度決めて食べると、便通も整いやすくなります。
③温かい食事をとる
過度に冷たすぎるもの、熱すぎるものは消化器に負担がかかります。
④消化に良いものを食べる
消化管への負担を減らすため、食物繊維を多く含む海藻類・きのこ類・根菜類・芋類などは、繊維を断ち切るように切ったり細かく刻みます。やわらかく煮たり、茹でて調理するのも良いでしょう。一度に大量に食べないことを心がけると、下痢・腸閉塞の予防にもなります。

予防したい腸閉塞

腸閉塞(イレウス)とは、なんらかの原因により腸の内容物が肛門側に移動するのが妨げられ、食べ物や消化液の流れが滞ることで内容物が詰まってしまうことをいいます。症状としては、腹痛、吐気、嘔吐、腹部膨満、排便や排ガスの停止などが起こります。食べることを控えて経過観察しても症状が改善しない場合は、早めに医療機関を受診します。
術後に起きる腸閉塞の発症と関連が考えられている食事の仕方は、早食い習慣や過食習慣、食物繊維を多く含む食品の過剰摂取です。これらの食事の仕方には注意しましょう。
また、便秘が続くと腸閉塞の一因となります。便秘予防のために規則正しい排便習慣をつけることが大切です。毎日排便があるように、食後にトイレへ行く習慣をつけるよう心がけたり、起床時にコップ1杯のお水を摂取すると、腸蠕動運動を促進し便通がスムーズになります。
腸閉塞を繰り返さないためにも、食事の仕方を見直して再発予防を意識することが必要です。

 

参考文献
1)齋藤典男、吉野孝之、落合由美:「最新版・腸を切った人を元気いっぱいにする食事170」、株式会社主婦の友社、(2019)

 

関連コラム
第1回 胃を手術したあとの食事の工夫 胃がんの治療
第2回 胃を手術したあとの食事の工夫 術後食から全粥食へ
第3回 胃を手術したあとの食事の工夫 注意したい手術後の後遺症
第4回 胃を手術したあとの食事の工夫 体重管理と栄養障害

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      25日前

      加藤知子さんが解説する大腸がんと食事のシリーズ第3回目は「手術後の食事のポイント」です。

      拍手 0

WRITER

腸を手術したあとの食事の工夫 第3回 手術後の食事のポイント

加藤 知子

イートリートアカデミー本気で特定保健指導したい人向け講座【知識編】の講師。 仙台白百合女子大学卒業。 総合病院勤務、人間ドック・健診機関勤務を経て、現在一般社団法人食サポートオフィス代表。 生活習慣病を予防するための生活・食事相談から疾病により食事療法を必要とする方への食事相談など広範囲にわたって食生活をサポートしている。 特定保健指導制度の開始とともに特定保健指導室の立ち上げや特定保健指導に従事。 現在はWEBサイト・雑誌・書籍への掲載やレシピ提案、特定保健指導や外来栄養食事指導に従事する管理栄養士へのトレーニングを行っている。 【所有資格】 管理栄養士、看護師 日本糖尿病療養指導士、病態栄養認定管理栄養士

加藤 知子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"病気(症例別)と栄養"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ