• Q&A
  • 職場での働き方について
    2019.02.13
  • 回答受付終了まであと54日

  • 高齢者施設等 で勤務経験のある方に教えていただきたいです。

    知り合いの介護福祉士さんから相談を受けました。
    どなたかお知恵を貸していただけると助かります。よろしくお願いいたします。

    質問は以下です。

    高齢者のとある施設に勤務してます。 そこの厨房は栄養士さんがいなくて 未経験の人たちが調理してて 食形態への対応が難しく困ってます。
    例えば炊飯器が二台しかなく 1つでは普通米、もう1つはお粥 この場合軟飯希望の人に対して どうやって提供したらいいでしょうか。
    考えたのは1人分のお粥と普通米をまぜて時間を置いて提供したら軟飯にならないか?です。
    あと食形態の極きざみ、粗刻み、一口大が人によって感覚が違うため伝え方が難しいです。 画像検索しても規定がバラバラ。 どうしたらいいでしょうか?

イートリスタの考え(1

    • 加藤 知子
    • 加藤 知子
      26日前

      軟飯を提供する人数にもよると思いますが、提供数が少ない場合はお粥と普通米を混ぜる方法も可能だと思います。ただし、軟らかさや出来上がりに大きな差が生じないように、混ぜる割合などあらかじめ取り決める必要があります。(お粥◯gと普通米◯gなど)
      軟飯の提供数が多い場合は、炊飯器をもう1台購入するか、鍋で軟飯を調理するほうが出来上がりにムラが生じにくく、安定しますし、スタッフの負担も減るのではないかと考えます。

      食形態については、マニュアルなどを作成し、切り方と大きさをスタッフ間で統一するのが良いと考えます。肉や魚、野菜などの大きさは何cmくらいなのかを決め、写真などをつけて資料にし、厨房で確認しながら調理できるようにするとばらつきを防げると思います。

      また「嚥下調整食学会分類2018」や「ユニバーサルデザインフード」などで検索していただきますと、食形態の基準が写真つきで紹介されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

      拍手 6

    • 6日前

      病院と保育所で勤めたことがあります。

      軟飯は少量だったので、普通のご飯をお鍋に入れ、ご飯が浸る程度の水を入れて5分前後弱火で煮てて作っていました。

      形態については、きざみは1、2mm程度、粗いきざみは4、5mm程度、一口大は1、1.5cm程度と写真付きで決まっていました。

      拍手 3

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ