ENTRY

⾼齢化の進むわが国では、今後在宅での療養者や介護が必要な⽅の増加に伴い、在宅における栄養ケアの需要も増⼤すると予測されます。サルコペニアやフレイル、病気の重症化などを避けるためにも、地域における栄養サポートに加え、訪問栄養⾷事指導の必要性が⾼まると考えられます。
しかし、そのような在宅療養者に対し、訪問栄養食事指導を実施している管理栄養⼠はまだまだ少ない状況にあります。
今回は、実際に訪問栄養⾷事指導を実践したいと考えている初心者の⽅むけに、日々訪問栄養食事指導を行っており、また栄養ケア・ステーション (医社)龍岡会 龍岡栄養けあぴっと 認定栄養ケア・ステーション 所長でもある講師が、リアルな情報と必要とされるスキルについて、詳しくお話いたします!

【講座内容】
訪問栄養食事指導が実践できる知識と最低限のスキルを身に着けていただける初心者向け講座です。
また、認定栄養ケア・ステーションで注目されている講師から、訪問栄養食事指導の講義に加え、管理栄養士が行う地域栄養支援の1つである認定栄養ケア・ステーションの実践例も学べます。
訪問に行く前に用意する物や確認する事項など、訪問ならではの実際の現場で行う栄養指導の基本、書類の書き方、報告、多職種連携など訪問栄養食事指導を行う上で把握すべき内容を解説します。
ロールプレイングも⾏いながら、訪問栄養食事指導を⾏うための実践⼒も養っていただける内容となっておりますので、ぜひご参加ください。
またメーカー様による情報提供あり!訪問栄養食事指導の現場で役立つ情報収集ができます。

【講座内容詳細】
第1回(1日目)
 ・介護保険制度について
 ・レセプトの基本
 ・訪問栄養食事指導に必要なスキル
 ・株式会社明治様より情報提供

第2回(2日目)
 ・地域包括ケアを視野に入れた地域における栄養ケア
 ・在宅における管理栄養⼠と他職種との関わり、連携について
 ・低栄養、病態別などの介入内容(実際の症例を通して)
 ・ネスレ日本株式会社 ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー様より情報提供

※各回、座学+ロールプレイングの構成になります。

【参加者からの感想(一部)】
●訪問栄養指導の具体的なイメージを持ちたくて参加しました。指導の自信がつけたかったのです。もっと、ドクターやケアマネとの繋がりを持ち、自分を売り込みたいと思いました。ぜひとも、関西でも開催をお願いしたいです。(管理栄養士・E様)
●訪問栄養士に転職したいと考えており、受講しました。まずは実践していくこが大事だと思いました。(管理栄養士・匿名希望)
●レセプトについて、訪問栄養指導の流れの不安、不明だった点が解消され、非常に勉強になりました。有意義なお時間ありがとうございました。(管理栄養士・K様)
●会社で訪問栄養食事指導を今後やって行く方針となりましたが、よく分からなかったので勉強するために参加させていただきました。実際、どのような流れで動いているのか分かりました。また、具体的な症例も聞けたので、よかったです。(管理栄養士・匿名希望)

過去の同じような講座の様子はこちらをご覧ください!
『本気で訪問栄養食事指導をしたい人向け実践講座 開催』

実践者向け!本気で訪問栄養食事指導をしたい人向けフォローアップ講座はこちら
『【2/16】本気で訪問栄養食事指導をしたい人向けフォローアップ講座』

【ご協賛企業】
1日目
・株式会社明治
2日目
・ネスレ日本株式会社 ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー

ご応募/お申し込みを行うには、ログインをしてください。

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ