CALCULATION

  • WHAT’S CALCULATION
  • 日本食品標準成分表に基づいた栄養価計算ができます。
    栄養価計算の方法:料理に使った食材名を下の表にひらがなでを入力しますと、食品候補が出てきますのでその中から食品を選択し、可食部重量を入力します。ユーザ登録すると計算結果の保存や、食品成分表に無い食品(みんなが登録した食品)の入力、表示栄養素の追加・絞り込みができるようになります。 詳しい使い方は【徹底解説】Eatreatの栄養価計算機の使い方をご覧ください

食品名/摂取量(可食部重量)

使用量(廃棄部位含む)
(g)
エネルギー
(kcal)
水分
(g)
たんぱく質
(g)
コレステロール
(mg)
脂質
(g)
食物繊維総量
(g)
炭水化物
(g)
ナトリウム
(mg)
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
リン
(mg)

(mg)
亜鉛
(mg)

(mg)
レチノール活性当量
(μgRAE)
ビタミンD
(μg)
ビタミンE(α-トコフェロール)
(mg)
ビタミンK
(μg)
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ナイアシン当量
(mg)
ビタミンB6
(mg)
ビタミンB12
(μg)
葉酸
(μg)
パントテン酸
(mg)
ビタミンC
(mg)
食塩相当量
(g)
合計

g

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)
※合計値は日本食品標準成分表2020年版(八訂)27ページ3)数値の表示方法に準拠

user ユーザ自身が成分値を登録した食品。

Eatreatの食品成分値は日本食品標準成分表2020年版(八訂)のデータを使用しております。日本食品標準成分表に関するお問い合わせは文部科学省科学技術・学術審議資源調査分科会メールアドレス:
kagseis@mext.go.jpまで。

日本食品標準成分表におけるTr(微量、トレース)、推定値の(0)、該当する値がない「-」は0としてEatreat栄養価計算機で表示・計算しております。また、推定値である()付の値は、カッコの中の数値を表示・計算しており、カッコを表示しません。日本食品標準成分表の基準は、日本食品標準成分表収載食品一覧ページより確認できます。

栄養価計算機に表示される合計値は日本食品標準成分表2020年版(八訂)27ページ3)数値の表示方法に準拠した有効桁数・小数点以下の桁の丸め方に従った表示されます。

各商品の測定条件、調理条件、推計方法は、日本食品標準成分表2020年版(八訂)第3章資料(食品群別留意点)249ページで詳しく解説されています。

カロリー計算・栄養価・栄養素に関する情報

  • ニュース
    2022.01.11

    甘酒煮リンゴケーキ…ふわっと香る甘酒、爽やかさがおいしいしっとりリンゴ | ヨミドクター(読売新聞)

     小学校栄養士の松丸奨です。今日は、甘酒の健康パワーをデザートにした「甘酒煮リンゴケーキ」のご紹介です。 新年を迎えた各家庭や、初詣などで振る舞われる甘酒。も高く、胃腸にもやさしいのが特徴です

  • コラム
    2022.01.07

    【レポート】東京栄養サミット2021・日本栄養士会公式サイドイベント「Japan Nutrition Action2021-2030」

    ・パラリンピックの機会に第2回栄養サミットが開催されました。現在、世界の3人に1人が低栄養、肥満、微量の欠乏などの栄養不良を抱えており、2025年までには2人に1人が栄養不良に陥ると予測されています。東京

  • コラム
    2021.12.07

    ベジタリアンとは

    菜や果物に含まれるや食物繊維は生活習慣病を予防する。②心臓病のリスクが低いという統計もある。③加工肉にあるといわれる特定の癌リスクが低い。ベジタリアンのデメリット①たんぱく質源の確保が難しい

  • 相談室
    2021.11.28

    栄養計算について、

    作り置きなど大量調理した料理のをマイ食品として登録する際◯◯あたりのg数は出来上がりのg数で登録するのか、栄養計算したときに出るgで登録するのかどちらが正しいのでしょうか?(加熱調理をします)

  • コラム
    2021.10.28

    高齢者と骨粗鬆症 後編

    ことが大事その他には、たんぱく質、カルシウム、ビタミンD、ビタミンKの摂取も重要です。これらのをとるために、できるだけ多くの種類の食品をとるよう心がけます。6つの食品グループと調味料、食べポの

もっと見る

CONFERENCE
ページの先頭へ

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ