• NEWS

肉の摂取量の多い日本人男性は死亡リスクが高く、一方で女性は脳血管死が少ない sndj-web.jp

肉類の摂取量が多い男性は死亡(全死亡や心血管死)のリスクが有意に高いことが、日本人対象の研究から明らかになった。国立がん研究センターなどによる多目的コホート研究(JPHC研究)のデータを解析した結果であり、「PLOS ONE」に論文掲載されるとともに、国立がん

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      49日前

      国立がん研究センターなどによる多目的コホート研究(JPHC研究)のデータを解析した結果を掲載した記事です。

関連タグ

関連記事

"健康と栄養"に関する記事

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ