• NEWS

68カ国の12〜15歳18万人の調査で、食料不安とファストフード摂取量に有意な関連 sndj-web.jp

12〜15歳の青年の食料不安とファストフード摂取量に有意な関連があることが報告された。低所得国から高所得国までを含む18万人以上を対象とする調査の結果。著者らは、フードバンクや学校給食制度の推進などの政策が求められると述べている。

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 1

関連タグ

関連記事

"健康と栄養"に関する記事

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ