• NEWS
  • 健康と栄養
    2019.04.24

    原因物質に腸内細菌関与=糖尿病性腎臓病で-新検査や治療法期待・東北大と岡山大|最新ニュース|時事メディカル

  • 0
    comment

原因物質に腸内細菌関与=糖尿病性腎臓病で-新検査や治療法期待・東北大と岡山大|最新ニュース|時事メディカル medical.jiji.com

 糖尿病性腎臓病は特定の腸内細菌グループが関与して生じる「フェニル硫酸」という物質が原因の一つだと、東北大と岡山大の研究チームが23日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。血液中のフェニル硫酸濃度から腎臓病の悪化を予測でき、新たな検査法や治療法の開発を目指している。

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 0

  • No post.

    まだ投稿がありません。

関連タグ

関連記事

関連コラム

"健康と栄養"に関する記事

もっと見る



CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ