• NEWS
  • 妊娠・出産・育児
    2020.11.22

    全国約10万人、初めての全国レベルでの大規模追跡調査で 乳幼児のアレルギー症状・疾患の実態や推移が明らかに | 国立成育医療研究センター

  • 1
    comment

全国約10万人、初めての全国レベルでの大規模追跡調査で 乳幼児のアレルギー症状・疾患の実態や推移が明らかに | 国立成育医療研究センター www.ncchd.go.jp

子どもの健康と環境に関する全国調査(以下、エコチル調査)のメディカルサポートセンターである、国立成育医療研究センター(住所:世田谷区大蔵2-10-1 理事長:五十嵐隆)の大矢幸弘、山本貴和子らの研究チームは、全国約10万人のデータを用いて妊娠中から3歳児までを追跡調査し、アレルギー疾患・症状の実態や推移、アレルギーマーチ(アレルギー疾患・症状の併存)を明らかにしました。 この論文は、世界アレルギー機構の公式

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      9日前

      国立成育医療研究センターから、全国約10万人のデータを用いて明らかとなった乳幼児のアレルギー症状・疾患の実態や推移が公表されました。

関連タグ

関連記事

関連コラム

"妊娠・出産・育児"に関する記事

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ