• NEWS

節酒に運動 認知症リスク最大6割減る5つの生活習慣 style.nikkei.com

健康的な食事をとり、中強度から高強度の運動を定期的に行い、タバコを吸わず、飲酒は節度ある適量に抑えて、認知機能(脳)を刺激する活動を日常的に行えば、アルツハイマー型認知症の発症リスクは6割低下する可能性がある――そんな結果が、米国の高齢者を対象とした

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      12日前

      認知症リスクを減らすための生活習慣について、米国の高齢者を対象とした観察研究によって示された内容を紹介しています。

関連タグ

関連記事

関連コラム

"健康と栄養"に関する記事

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ