• NEWS
  • 健康と栄養
    2022.01.11

    朝食欠食や習慣的な飲酒、喫煙が肥満を引き起こす 抗肥満因子の血中濃度は生活習慣で変化

  • 1
    comment

朝食欠食や習慣的な飲酒、喫煙が肥満を引き起こす 抗肥満因子の血中濃度は生活習慣で変化 sndj-web.jp

朝食の摂取頻度や飲酒の頻度、喫煙などの生活習慣が抗肥満因子(FGF21)の血中濃度を変化させることが明らかになった。大阪大学の研究グループの研究によるもので、「Communications Biology」に論文が掲載されるとともに同大学のサイトに

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      17日前

      大阪大学の研究で論文が掲載された研究について紹介されています。

関連タグ

関連記事

関連コラム

"健康と栄養"に関する記事

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ