• NEWS

2500g未満の赤ちゃん、糖尿病などのリスクが高い:日経ウーマンオンライン【女性のカラダと栄養のはなし】 wol.nikkeibp.co.jp

出生時に2500g未満と小さく生まれた低出生体重児は、糖尿病などの生活習慣病になりやすいことが国内外の研究から分かってきている。第2回ヘルシーマザリング研究会が、2018年11月5日、東京・お茶の水で開かれ、発症前の予防診断で病気を未然に防ぐ「先制医療」を提唱する、京都大学名誉教授で日本学士院幹事の井村裕夫さんが、「胎生期から始まる健康と疾患―ライフコース・ヘルスケアの重要性」をテーマに講演した。

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 0

  • No post.

    まだ投稿がありません。

関連タグ

関連記事

関連コラム

"妊娠・出産・育児"に関する記事

もっと見る



CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ