• COLUMN

「授乳・離乳の支援ガイド」は、育児を支援する中でさまざまな場で活用されています。今回の改訂では、医師、歯科医師、助産師、保健師、管理栄養士などが参画し、それぞれの専門領域から集約された知見に基づいて検討がなされました。前回の改訂から10年経過し、科学的知見の集積、育児環境や就業状況の変化、母子保健施策の充実など、授乳および離乳を取り巻く社会の変化が著しい中での今回の改訂のポイントを前編・後編に分けて解説していきます。

2019年改訂版のポイントは主に4点

主な改訂ポイントは下記の4点です。

※1(出典:授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂版)の概要より)

(1)授乳・離乳を取り巻く最新の科学的知見等を踏まえた適切な支援の充実

授乳や離乳の中には経験的に言い伝えのようなものもいまだに残っているのではないでしょうか?お餅は母乳が詰まりやすいから食べるのを控えた方がいいという説があったのですが、経験的に基づいた指導から、逆に母乳の出がよくなるから食べるべきだといった具合に、より最新の科学的知見や研究結果が充実した内容となりました。

また、離乳の開始や特定の食物の摂取開始を遅らせることは、食物アレルギーの予防効果があるとされてきたのですが、実は科学的根拠がないことから、生後5〜6ヶ月頃から離乳を始めるようにした方がいいといったことも例に挙げられます。さらに、近年国内ではあらゆる災害時の授乳・離乳の支援についても、事例で実践例の記載や、乳児用液体ミルクについての情報などが加わっています。







(2)授乳開始から授乳リズムの確立時期の支援内容の充実

母乳育児に関する妊娠中の考えとして「母乳で育てたい」と思った者の割合は、依然として9割を超えています。実際の栄養方法を見ると下記の表のようになっています。

母乳育児に関する妊娠中の考え別授乳期の栄養方法(1カ月)※2

(出典:厚生労働省「平成27年乳幼児栄養調査」(2016)
※栄養方法「不詳」除く/回答者が母親の場合のみ集計*総数には、母乳育児に関する妊娠中の考えが「不詳」を含む)

記載には「子育て世代包括センターやそれに準ずる施設を通して、継続的な支援や情報の提供などを充実させる」とあります。子育て世代包括センターの助産師や管理栄養士などの専門職のスタッフによる、妊産婦期から離乳期へと切れ目のない支援の提供体制によって、母子保健に従事する側にとっても、さらなる工夫や連携・協働が求められることになります。

(3)食物アレルギー予防に関する支援の充実

食物アレルギーの動向として3歳時点における食物アレルギーの有病率が増加傾向にあり、年齢が低いほど多いとされています。先にも触れましたが、「離乳の開始や特定の食物の摂取開始を遅らせることに食物アレルギーの予防効果がある」という科学的根拠のない説などは、離乳を始めるにあたっての情報提供の際に伝えたいものです。

前回のガイドでは食物アレルギーに対しての情報は参考資料のみの提示でしたが、今回は、より具体的な内容が記載されています。その一例として、食物アレルギーが疑われる症状が見られた場合、自己判断せずに必ず医師の判断に基づいて進めることなどが挙げられます。中でも特に、大きく変化した食物としては「卵」があります。前回までのガイドでは卵(固茹での卵黄)は、離乳中期(8カ月頃以降)からの摂取となっていましたが、今回からは初期の後半頃となる6カ月以降と前倒しとなっています。また、「妊娠・授乳中の母親の特定食品の摂取や除去は、予防効果がない」という点も明記されたことは知っておきたい変更点です。

(4)妊娠期からの授乳・離乳等に関する情報提供のあり方

インターネットをはじめとした情報過多の環境のもと、判断に迷う、間違った情報を鵜呑みにするような時代となりました。「Ⅱ授乳及び離乳の支援」の内容では、このような時代の情報提供のあり方について補足が加えられました。情報通りの育児にならない毎日は、母にさらに不安やトラブルをもたらします。「我が子と関わりながらさまざまな方法を繰り返し試し、少しずつ慣れていくことで安心して対応できる」ようになるためにも、保健医療従事者が母親の気持ちや感情を意識的に受け止め、寄り添いながら適切な支援を行うことは、母親が母親として少しずつ自信が持つために必要な支援となるでしょう。

母親の不安要素の一つに赤ちゃんの成長の個人差があります。授乳量や離乳食の量や進め方など「数量」を中心とした授乳・離乳の評価ばかり気にするのではなく、乳幼児身体発育曲線のカーブに沿った成長発達であるかを観察し、赤ちゃんそれぞれに対してきめ細かい支援を各機関で連携しながら進めていくことが重要ということも押さえておきたいポイントですね。

後編では「授乳・離乳の支援ガイドに沿った離乳食の進め方」について解説します。

後編を読む


参考文献
厚生労働省「離乳・授乳の支援ガイド」https://www.mhlw.go.jp/content/11908000/000496257.pdf
※1 授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂版)の概要より
https://www.mhlw.go.jp/content/11908000/000496256.pdf
※2 厚生労働省「平成 27 年乳幼児栄養調査」(2016)

 

関連コラム
毎日の負担が減る!「ベビーフード」のことを知ろう!
幼児にとっての保育園のおやつは補食
小児生活習慣病の原因
子供の行動、食事内容を把握していますか?好き嫌いをなくすための三大対策

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      145日前

      Eatreat編集部です。昨年改定された授乳・離乳の支援ガイドを基に、離乳食の最新情報を徹底解説します。こちらはその前編です。

      拍手 2

"離乳食について"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

離乳の開始〜完了までの離乳食最新情報を徹底解説!【前編】

隅 弘子

mamaful代表 mama とこどもの愛着形成を食を通じて深めたい! こどもがすくすく育つためにサポートできる栄養士を増やしたい! 気力・体力・忍耐力がモノをいう育児生活。 一組でも多くの親子が「育児が苦しい」から「やっぱり育児は楽しい!」と育児生活を考えてほしいとフリーランス管理栄養士としてmamaful(ママの想いがいっぱいあふれる)と屋号を決め、自らの体験などを活かして活動を始める。親子カフェや市町村主催の食育講座、幼児食講座は人気講座として多くのママの悩みを解決している。また同じ想いをもつ人材の育成にも携わっており、専門家育成にも力を入れている。 ******************* こんにちは。管理栄養士の隅弘子です。 子育てはただ楽しい日々の連続ではありません。 日々成長を感じつつも、 悩みながら、 迷いながら 子育てに励まれていることでしょう。 時には 自分を犠牲にしてでもなんとかしなくては! と頑張り過ぎていることはありませんか?  「子どものために」と一生懸命になることはもちろん愛情を注ぐ上で大切です。ですが、そればかり優先してしまうとお母さんの体力気力が持ちません。 お母さんの笑顔をうみだすためにはお母さん自体の食事、また食の考え方を 整えることも実は大切です。離乳食や幼児食は、食べられる食材の知識や味付けなど工夫が必要な食事と思われていますが、家族一緒に食べられるような食事ってなんだろう?と考えることも実は大切です。 「食べる」ということはじつはとてもシンプルなことであり、 楽しみを感じること。 料理が苦手な人だって大丈夫! 私自体が料理が苦手です^^; 毎日のことだからこそ、実践できることを優先し楽しみながら家族にげんき溢れる食のおけいこを仕事を通して伝えられる栄養士でありたいと思っています。 ■乳幼児向け 都内子育て支援施設内食事相談/ミニセミナー開催(2013.4~) 幼稚園食育イベント監修、楽天レシピお手伝いレシピコンテスト審査員(2014) 市川シャポーさまこども食育イベント実施および料理監修(2015) 千代田区家庭教育学級、神奈川県大和市生涯学習講座にて 「3色食品群を味方につける」講座企画運営(2016) ミキハウス×ベビーカレンダー プレパパ・プレママセミナー2017 神奈川県大和市生涯学習講座「絵本の世界 絵本のなかの料理をつくろう」(2018.3) ■講座講師活動 大戸屋食育セミナー講師/大戸屋社員向け食育研修講師(2010~) ブレインフード協会 ブレインフード講座(2015~) 機能性食品講座(2015~) 味覚カウンセラー協会 味覚カウンセラー講座(2015) 一般社団法人日本こども成育協会 こども成育インストラクター(2017~) 一般社団法人母子栄養協会 学童食インストラクター(2017) 一般社団法人母子栄養協会 幼児食インストラクター(2017) 一般社団法人母子栄養協会 妊産婦食インストラクター(2017) 保有資格 管理栄養士/母子栄養指導士(妊産婦アドバイザー、離乳食アドバイザー、幼児食アドバイザー、学童食アドバイザー)/こども成育インストラクター/健康食育シニアマスター 他

隅 弘子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"妊娠・出産・育児"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ