• NEWS

痩せた若い女性に肥満者と同様の体質が多いことを順天堂大が確認 | TECH+ news.mynavi.jp

順天堂大学は、B痩せ形の女性に、食後高血糖となる「耐糖能異常」が多いことおよび、肥満者に多く見られるインスリン抵抗性や脂肪組織の異常が関連することを発見したと発表した。日本では、BMIが18.5kg/m2未満の痩せ形の女性の比率が先進諸国の中で最も高い事を踏まえ、痩せた若年女性の多くは食事量が少なく、運動量も少ないという「エネルギー低回転タイプ」となっており、骨格筋量も減少していることから、十分な栄養と運動により筋肉量を増やすような生活習慣の改善が重要と考えられるともしている。

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      6日前

      若い女性でBMIが18.5kg/m2未満の痩せ形の場合、食後高血糖となる「耐糖能異常」が多いこと、肥満者に多く見られるインスリン抵抗性や脂肪組織の異常が関連することが発見されました。

関連タグ

関連記事

関連コラム

"健康と栄養"に関する記事

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ