• NEWS

グルテンフリー食の功罪、2型糖尿病の発症率上昇リスクも|男の健康|ダイヤモンド・オンライン diamond.jp

プロテニス選手、ノバク・ジョコビッチ氏の著書で注目されたグルテンフリー食。タンパク質の「グルテン」を含むパンやシリアル、うどんなど麦類を排除、制限することで、体重が減るばかりか

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 2

    • 篠塚 明日香
    • 篠塚 明日香
      231日前

      グルテンフリーの代替えが、加工品に偏った結果のリスクだとするなら、米を主食とする日本人にはあまり当てはまらないデータかと思います。日本人がグルテンフリーにしたい場合、たいてい和食中心になりますから、グルテンフリー → 繊維不足 → 2型DM、の可能性は低いと思います。

      1

    • 田中 紗代
    • 田中 紗代
      232日前

      グルテン摂取量を減らすことが直接2型糖尿病リスクを上昇させるかと思ったら、グルテン摂取量が少ない食事は食物繊維の摂取量が減ると指摘している、ということなんですね。

      0

関連タグ

関連記事

"健康と栄養"に関する記事

もっと見る

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ