• NEWS

真夏の給食、調理に苦心 食中毒、熱中症懸念―新型コロナ:時事ドットコム www.jiji.com

新型コロナウイルスの影響で、本来なら夏休みとなっていた時期に実施される学校給食。食中毒や調理員の熱中症が懸念される中、栄養士らは「どうしたら暑い中で安心な給食が出せるか」と献立に工夫を重ねている。 文部科学省によると、全国の自治体の9割以上が本来は夏休みだった期間に給食を実施。同省は衛生管理の徹底と熱中症の予防策を講じるよう都道府県の教育委員会などに通知した。 国内最高気温を記録し「暑さ対策日本一」を掲げる埼玉県熊谷市は6月、栄養士らによる対策会議を開いた。野菜のサラダは火を通すソテーに変更し、…

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      9日前

      今年は、全国の自治体の9割以上が本来は夏休みだった期間に給食を実施するそうです。真夏の給食提供は衛生管理だけでなく、熱中症対策も必要となっています。具体的な対策についてこちらの記事に紹介されています。

関連タグ

関連記事

関連コラム

"給食"に関する記事

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ