• COLUMN

今回は、株式会社クリニコ様に介護食の商品を中心にお話をうかがいました。

株式会社クリニコとは?

株式会社クリニコは、森永乳業グループ病態栄養部門として、栄養補助食品、とろみ調整食品、流動食などを販売する食品メーカーです。多くの医療・介護施設でご採用いただき、食でお困りの方にお役にたてる製品をお届けしています。

やわらか亭(カレーライス、ハヤシライス、麻婆丼、中華丼、牛丼)

【UDF区分「歯茎でつぶせる」】
「やわらか亭」は、やわらかく炊き上げたごはんとやわらかい具材ソースのセットです。
やわらかごはんは、国産のお米を使用。ごはんの粒をくずすことなくそのまま残しながら、こだわりの製法でふんわりやわらかく炊きあげました。水気の多いおかゆが苦手な方におススメです。

具材・ソースは、肉や野菜を歯ぐきでつぶせるやわらかさまでじっくりと煮込み、風味豊かで馴染み深い味に仕上げました。やわらかごはんにも良く絡み、飽きのこないおいしさです。
温めなくても食べられるため、いつでもどこでも手軽にやわらか食を食べることができます。
かたい物が食べづらい方、毎日の調理が難しい方、外出時のお弁当代わりになど、さまざまな場面でご利用いただけます。

この製品の強みは、「丼」の形態をとることで、一度に主食(ご飯)とおかず(ソース)を用意し、お召し上がりいただくことができる点です。また、常温でそのままお召し上がり頂くことも、温めてお召し上がり頂くことも可能ですので幅広い食シーンでご活用頂けます。
苦労した部分:介護食品は、歯ぐきや舌で潰しやすいように具材を小さくし、やわらかく加工するため具材感などの見た目の美味しさを表現することが難しい食品ですが、どのようにして見栄えを良くし、おいしくお召し上がり頂くかの追求は難しい点でした。
また食べる力が弱くなると食べる量が減り、必要栄養素が不足したり、偏ったりしがちです。そのような不足しがちな栄養素を補充しつつ、取りすぎる傾向のある栄養素を減らししながら、具材や調味料を工夫することで、満足いただける風味を表現することも難しい点でした。

和風だし香る茶碗蒸し(UDF区分なし)

【日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類 2013 1j相当】
「和風だし香る茶碗蒸し」は、和風だしたっぷりの旨みと、卵のやさしい舌ざわりの茶碗蒸しです。かつお風味、ほたて風味、かに風味、ゆず風味、とり風味、まつたけ風味※の6種類。具材は入っていないため、かたいものが食べづらい方にも、安心してお召し上がりいただけます。(※ゆず風味、とり風味、まつたけ風味は2019年7月発売予定)

かつお、かに、ほたて

1個80gで100kcalのエネルギーと5.0gのたんぱく質を含み、いつもの食事におかずの1品としてプラスするだけで、手軽に栄養補給ができます。甘いものが苦手な方や、乳製品が苦手な方にもおススメです。
日本ならではの‘だしの香り’とふんわり食感が嬉しい、親しみがある1品で、毎日の献立のひとつとして召し上がっていただきたい製品です。「栄養強化したうえで、本物の茶碗蒸しの風味・物性(食感)を目指す」というところに苦労しながら開発しました。食が進まないとき、調理が面倒な時などにも、食べ慣れた味でさらに必要な栄養も補給できるよう、こだわりを持って開発したこの「茶碗蒸し」を、ぜひお試しいただけると幸いです。

茶碗蒸し盛付例

豆の富

【UDF区分なし:日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類 2013 1j相当】
「豆の富」は、森永乳業の豆腐製造技術を応用し、遺伝子組み換えなしの厳選丸大豆を使用した、常温保管が可能な、まるで豆腐のような栄養補助食品です。
大豆の風味とコクをしっかり感じる豊かな味わいが特徴です。加熱調理もできますので、いつもの豆腐と同様に、お味噌汁や冷奴など様々な献立に食材としてご利用いただけます。
栄養補助食品は甘い製品が多いですが、甘いものが苦手な方にもオススメです。

豆の富

一般の絹ごし豆腐に比べ、エネルギーは約2倍、たんぱく質は約1.3倍。鉄、亜鉛、食物繊維も配合し、不足しがちな栄養素を補給することができます。また、シールド乳酸菌®を配合。シールド乳酸菌®は、森永乳業が保有する数千の菌株の中から選び抜かれた、健康力をサポートする乳酸菌です。常温保管が可能です。
この製品の強みは、まるで豆腐のような見た目・味わいと加熱調理ができて食材の1つとしても使用できる点で一般の豆腐と区別がつかないほどです。栄養補助食品に抵抗がある方にもぜひお試しいただきたいです。

製品開発における苦労した点は、風味・食感を豆腐と同等にすることと、容器からの取り出しやすさです。栄養素強化のために種々の原料を加える影響で、製造や食感に影響があったため、原料や製造工程の検討を重ね、風味・食感が豆腐と同等の製品の開発を実現しました。また、開発当初は栄養素を添加した影響で、容器から出しにくく崩れやすいという問題がありました。こちらは、凝固剤の種類や量を工夫することにより改善でき、この製造技術は特許出願中です。
皆様が食べなれた「豆腐」と同等においしく、使いやすく、そして必要な栄養素を摂っていただけるように開発した製品です。

豆の富盛付例

最後に

「やわらか亭」は、新メニューの他、形態や容量を工夫し、より幅広く、多くの皆様にお召し上がりいただけるようなリニューアル・施策を展開して参ります。また、「和風だし香る茶碗蒸し」は、風味や種類の検討を行っていきたいと考えています。さらに、「豆の富」は、アレンジレシピなどのご提案を充実させ、一層お役に立てるよう今後も検討してまいります。

クリニコの商品を購入したい方はこちら

 

 

取材協力:株式会社クリニコ
TEL  0120-52-0050
WEB  https://www.clinico.co.jp/

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      73日前

      Eatreat編集部です。今回のコラムは介護食について知ろう!シリーズ、株式会社クリニコ様の介護食をご紹介しています。和風だし香る料理、おいしそうです。

      拍手 5

WRITER

工夫を凝らした丼ものや、和風だし香る本格的な茶碗蒸しが人気!株式会社クリニコの介護食

Eatreat 編集部

Eatreat編集部

Eatreat 編集部さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"高齢者の食事・介護食"に関するコラム

もっと見る



CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ