• COLUMN

UDFってご存知ですか?

UDFとは「ユニバーサルデザインフード」のことです。
「ユニバーサルデザインフード」とは、日常の食事から介護食まで幅広くお使いいただける、食べやすさに配慮した食品です。その種類もさまざまで、レトルト食品や冷凍食品などの調理加工食品をはじめ、飲み物やお食事にとろみをつける「とろみ調整食品」などがあります。

7月11日はUDFの日

日本介護食品協議会では、7月11日を「UDF(ユニバーサルデザインフード)の日」として、記念日を制定しました。
「ユニバーサルデザインフード」の存在を知らず、在宅介護を行っている人の7割近くが自身で作る介護食作りが大変だと回答し、要介護者側にも低栄養傾向が見られるという実態も明らかになってきています。(※注) そのような流れの中で日本介護食品協議会は、「ユニバーサルデザインフード」をより多くの方に知ってもらい、また、もっと広く活用してもらうため、「ユニバーサルデザインフード(UDF)」の名称と「UDFロゴマーク」が登録商標を受けた7月11日(2003年)を記念日としました。

ユニバーサルデザインフードの仕組み

ユニバーサルデザインフードのパッケージには、必ずこのロゴマークが記載されています。これは日本介護食品協議会が制定した規格に適合する商品だけが付けられるマークで、日本介護食品協議会の会員企業が共通してこの名称と「UDFロゴマーク」を製品に使用することによって、利用者に安心して選択してもらえる仕組みを作りました。
どのメーカーの商品にも「かたさ」や「粘度」の規格により分類された4つの区分を表示しています。この区分を目安にご利用に適した商品を安心して選んでいただけます。

マルハニチロのユニバーサルデザインフードのご紹介

日本介護食品協議会に加盟している当社でも、病院施設向けから在宅向けまで幅広い品揃えで、ユニバーサルデザインフードを製造しています。
全てのパッケージに、ユニバーサルデザインフードのマークと区分を表示しており、お客様が手に取った時に、どのくらいのやわらかさなのかがわかるようになっています。

ユニバーサルデザインフードには数値基準があり、その数値から外れたものは出荷ができないような仕組みになっています。

マルハニチロが考える理想のユニバーサルデザインフードとは、Quality of Life(QOL:生活の質)の維持・向上をお手伝いする食事です。食べやすさや栄養バランスへの配慮はもちろん、毎日の食事を楽しんでいただけるよう、味、見た目、品揃えにもこだわっています。また、毎日の食事作りが楽しくなるように、レシピも充実させています。 これからも“いつまでも楽しく美味しく食べる“を応援していきます。

マルハニチロ メディケア食品HP
http://www.medicare.maruha-nichiro.co.jp/

注:2017年4月日清オイリオグループ㈱調査結果より
参考:日本記念日協会 http://www.kinenbi.gr.jp/

関連コラム
・変化する「介護食」とこれから
・嚥下食とは ①~役割と嚥下のメカニズム~
・介護食対応こうや豆腐の開発秘話

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      6日前

      編集部です。
      皆さん、UDFはご存知でしたか? 今回編集部の方でもとても勉強になりました。
      この機会にもっともっと広げていきたい活動です。

      0

WRITER

7月11日はUDF(ユニバーサルデザインフード)の日!

儀間 詩織

マルハニチロ株式会社にて、介護食の企画開発・販売を行っております。

儀間 詩織さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"高齢者・介護"に関するコラム

もっと見る

キッコーマン 基本の炒めだれ
フードキャリア
CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ