• COLUMN

令和3年度介護報酬改定では、栄養関連の部分でも大きな変化がありました。 連載2回目は、「通所介護等における口腔衛生管理や栄養ケア・マネジメントの強化」と「自立支援・重度化防止を行うための取組の連携」について解説します。

通所介護等における口腔衛生管理や栄養ケア・マネジメントの強化

今回、通所に加え認知症グループホームへの管理栄養士の介入についても示されました。ここで注目したいのが、外部の管理栄養士との連携が認められている点です。
外部とは、他の介護事業所、医療機関、介護保険施設、日本栄養士会や都道府県栄養士会が設置・運営する「栄養ケア・ステーション」のことです。ただし、介護保険施設については、常勤で1以上又は栄養ケア・マネジメント強化加算の算定要件の数を超えて管理栄養士を配置している施設に限る、とされています。また、栄養改善加算については、栄養改善サービスの提供に当たって、必要に応じ居宅を訪問することが新たに求められ、本当に大きな改定だとつくづく思います。

 

自立支援・重度化防止を効果的に行うための取組の連携

今回の改定の大きなポイントの一つとして、「リハビリテーション・機能訓練、口腔、栄養の取組の連携・強化」があり、リハビリ、栄養、口腔の取り組みは一体となって運用されることで、より効果的な自立支援・重度化予防につながることが期待される、と示されています。(図1)

図1

リハビリ、栄養、口腔が一体となり取り組むことで、各種計画書も一体的な様式(図2)にすることが勧められています。各種計画書は重なっている情報もあり、重複する記載項目を整理するとともに、それぞれの実施計画を一体的に記入できる様式を設ける、とされています。

図2

令和3年度介護報酬改定(栄養関連)について③へ続きます。

 

参考文献
1)令和3年度介護報酬改定、管理栄養士・栄養士これだけは押さえたい3つのポイントをチェック、公益社団法人日本栄養士会、https://www.dietitian.or.jp/features/nursing-reward/20210302-01.html、(閲覧日:2021年5月28日)

図の引用)令和3年度介護報酬改定について、厚生労働省、https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411_00034.html(閲覧日:2021年5月31日)

 

関連コラム
令和3年度介護報酬改定(栄養関連)について①
コロナ禍における訪問栄養食事 指導と地域の栄養支援
2020年度診療報酬改定のポイント・栄養管理に関する改定を伝授!【在宅編】①
2020年度診療報酬改定のポイント・栄養管理に関する改定を伝授!【在宅編】②

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      8日前

      イートリスタ米山久美子さんが解説する令和3年度介護報酬改定シリーズ第2弾です。

      拍手 0

"介護報酬改定"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

令和3年度介護報酬改定(栄養関連)について②

米山 久美子

在宅栄養専門管理栄養士 / 認定在宅訪問管理栄養士。 現在、訪問管理栄養士としていろいろな地域の在宅療養者を訪問し栄養食事指導をすべく日々駆け回っています!また、認定栄養ケア・ステーションeatcocoを立ち上げ、地域の栄養支援も積極的に行っています☆ 病院で管理栄養士をした後、シングルモルトウィスキーの聖地アイラ島の蒸留所巡りをしたくてイギリスへ留学。フレンチレストラン厨房にて助手の仕事なども経験。帰国後、フリーランスで働きながら、途中ワーキングホリデーでオーストラリアへ行きMeals on Wheelsのメインキッチンで働いたり、現地で起業しているRDにくっついて実地研修を経験。いろいろな地域でいろいろな食事や栄養のあり方を勉強してきたぶん、視野を広く地域の皆さんに貢献したいと思います★

米山 久美子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"指導・監査・診療報酬"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ