• Q&A
  • 栄養指導方法について
    2018.12.07
  • 回答受付は終了しました

  • 障害児の訪問栄養指導について

    私は障害者福祉施設で管理栄養士として働いています。
    利用者様の摂食を見ていると、幼少期のままの方が多く、またご自宅で適した食形態を召し上がってる方は少ないように思います。

    最近、在宅訪問栄養指導に興味を持ったこと、障害児のうちから摂食嚥下を見て適した食形態や作り方を指導すれば、大人になっても摂食状況がよくなるのではないか?と考えたことから、障害児の訪問栄養指導をしたいという想いが強くあります。

    しかし、サービスを調べたところ、障害児(者)に対するサービスは見つかりませんでした。
    今の日本にはそのような在宅訪問サービスはないのですか?
    医療保険の範囲で行うしかないのですか?

    情報をお持ちの方、いらっしゃいましたらお教えいただきたいです。
    よろしくお願いいたします。

イートリスタの考え(2

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      102日前

      Eatreat編集部です。
      イートリスタの手塚文栄さん(https://eat-treat.jp/users/19)からコメントをいただきました。

      手塚文栄さんからのコメント
      小児の摂食機能療法はまだまだ知られていず、お母さんたちが知れずに育てたのも致し方のないことですし、幼少期はNICUで何年もすごし、時期を逸してしまうこともあります。

      在宅栄養訪問は、米山さんが言うように医療保険対応となりますので、自費で訪問している管理栄養士もいます。施設経験がある方です。もう一つは、お近くの摂食機能療法を行っている大学の勉強会に参加して、仲間を増やすしてチャンスを作るのもよいかと思います。

      すでにご存じと思いますが、摂食嚥下関連医療資源マップー医療機関一覧ー
      (http://www.swallowing.link/hospitals)

      などで実施してる医療機関がある程度調べられます。

      また、 親の会、たとえば 
      つばめの会(http://tsubamenokai.org/)などのHPも、自分に適した支援方法を考えるのによいかと思います。

      なお、摂食機能はご存知のように、心身の発達と深いかかわりがあるので、摂食機能、運動、心理、口腔形態、健康状態など多くの評価とリスク管理が必要です。
      訪問対象になるような重症のお子さんになるほど、多職種の評価と知恵がその子の命と笑顔を守るために必要になります。私は、困ると、発達期の調整食分類2018の中心となった つばさ静岡の浅野一恵先生の資料に立ち返っています。

      http://www.procomu.jp/smid2017/pdf/smid43_hands1siryo1.pdf


      ぜひ多職種の仲間を増やしながら、経験を活かして、子どもたちの安心安全な食事を支援していただけたらと思います。私も頑張ります。

      拍手 4

    • 米山 久美子
    • 米山 久美子
      176日前

      障害児に対する訪問栄養食事指導。まさに今後求められる分野と考えています。
      高齢者への訪問栄養食事指導の件数は徐々に伸びていますが、小児への訪問の件数はなかなか伸びていないと思います。とっても大切な訪問の分野と認識していますが、現状はまだまだです。
      小児(障害児)への訪問は、仰る通り医療保険を利用した訪問となります。
      その場合には、その小児(障害児)のかかりつけ医と同じ医療機関に所属している必要があります。
      常勤、非常勤は問いません。
      厚生労働大臣が定める特別食が必要、がん、摂食または嚥下機能が低下、低栄養状態(外来栄養食事指導の内容と同様)の患者が対象となり、通院が困難な状態、そしてかかりつけ医の指示があれば訪問は可能と思います。
      恐らく摂食嚥下障害の方が多いと思いますので、訪問は可能と考えます。
      現在は障害者福祉施設で勤務されているとのことですが、ぜひ医療機関からの訪問も検討いただけたらと思います!
      本当に求められている分野と思いますし、対応できる管理栄養士も少ないのではないかと思います。
      とても貴重な存在と思いますので、ぜひトライしていただけたらと思っております!
      ご参考まで<(_ _)>

      拍手 13

    • 158日前

      米山久美子先生

       丁寧なお返事をいただき、ありがとうございます。
      いろいろ調べていても、なかなか事例が見つからず悩んでいましたが、米山先生からのお返事に背中を押されました!!

       医療保険を利用し、訪問できるようなのでぜひ挑戦していきたいです。
      今後、求められる分野ということでこれからたくさん勉強して、開拓していきたいと思います。
      まずは所属できる医療機関を探してみます。
      また、壁に当たったらご相談させてください。
      米山先生には大変感謝しております。

      拍手 4



CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ