• COLUMN

これまで2回にわたり、「日本人の食事摂取基準2020年版」についてご紹介しました。
連載記事の一覧はこちらをご覧ください。
最終回は、その活用法についてご紹介します。

「日本人の食事摂取基準」活用の基本的な考え方

私たちの健康の維持・増進、生活習慣病の発症予防および重症化予防のために「食事摂取基準」を用いる場合は、PDCA サイクルに基づく活用が基本となります。

まず、食事摂取状況のアセスメントにより、エネルギー・栄養素の摂取量が適切かどうかを評価します。食事評価に基づき、食事改善計画の立案(Plan)、食事改善を実施し(Do)、検証(Check)を行います。検証を行う際には、食事評価も合わせて行うようにします。その結果を踏まえ、計画や実施の内容を改善(Act)します。



食事摂取状況のアセスメントは食事摂取基準と比較して行う

エネルギーや栄養素の摂取量が適切かどうかを評価するためには、食事調査によって得られる摂取量と、食事摂取基準の各指標で示されている値を比較することによって行うことができます。
ただし、エネルギー摂取量の過不足については、BMI(成長期は成長曲線)または体重変化から評価します。

中学生(13歳・男性)を例に見てみましょう。

1日の摂取エネルギーは少ないように見えますが、実際には成長曲線や体重変化を見て評価します。
推奨量は、指標となる値付近もしくはそれ以上、目標量は指標となる範囲であることが望ましいとされています。

食事調査では「過小・過大申告」と「日間変動」が伴う点に留意する

食食事調査によって得られる摂取量には、必ず測定誤差が伴います。
食事調査には、「食事記録法」「24時間食事思い出し法」「陰膳法」「食物摂取頻度法」「食事歴法」「生体指標」などの方法があります。

「食事記録法」は、対象者が自分で摂取した食物を調査票に記録する方法で、丁寧に実施できれば精度が高いといわれていますが、長期間の調査が必要であり、対象者の負担が大きく、やる気や能力に結果が依存しやすいといった点もあります。
中でも、摂取エネルギーの「過小申告」は出現頻度が高いとされています。

また、血液や尿などから栄養状態を評価する「生体指標」は、「過小・過大申告」の誤差は起こりませんが、空腹時、運動後、喫煙後など「日間変動」の影響を受ける場合があり、限られた栄養素のみしか測定できません。

それぞれの食事調査法の特徴を知り、目的や状況に合わせて選択する必要があります。

まとめ

「日本人の食事摂取基準2020年版」は、私たちが健康を保つためにどんな栄養素をどれくらいとったらよいのかを示したガイドラインです。
その活用は、PDCAサイクルに基づいて行うことが基本です。
年齢や目的、生活環境、臨床症状や臨床検査値などにも配慮しながら活用しましょう。

 

参考文献
・日本人の食事摂取基準(2020年版)「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書 https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586553.pdf、(閲覧日:2022年9月16日)


関連コラム
【改めておさらい】日本人の食事摂取基準とは?
食事摂取基準2020年版の改定ポイントをわかりやすく解説!【食事摂取基準2020年版抜粋編】

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      598日前

      松岡 喜美子さんが「日本人の食事摂取基準2020版」について改めて解説する連載シリーズ、最終回は食事摂取基準の活用法についてご紹介していただきます。

      拍手 0

"日本人の食事摂取基準2020年版をおさらい"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

【日本人の食事摂取基準2020年版】活用法をご紹介!

松岡 喜美子

循環器病予防療養指導士 かがわ糖尿病療養指導士,ベーシックインストラクター(JCCA)、貯筋運動指導者、歯科栄養アドバイザー2級 大学卒業後、糖尿病クリニックでの栄養指導に従事しながら健康運動指導士を取得。 2008年よりフリーとしての活動を開始。 特定保健指導の立ち上げからスタッフ育成などにも携わり、これまでの指導件数は1万件以上。 生活習慣病予防セミナーの講師や企業やスポーツクラブでの運動指導なども行っている。 その他、企業HPのコラム執筆なども担当し、健康情報の発信や商品マーケティングなども行っている。 「栄養不良の二重負荷」という問題に対して、世界に貢献できる管理栄養士を目指しています。 ★2023年7月~ 訪問栄養指導をスタートしました。 プラダ―ウィリー症候群(PWS)の症例に関わられたご経験がある方、情報共有できたらうれしいです。

松岡 喜美子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"指導・監査・診療報酬"に関するコラム

もっと見る

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ