• COLUMN

今回は、総合病院で管理栄養士として活躍中の大塚綾さんにお話をうかがいました。

管理栄養士を目指したきっかけは何ですか?

高校では進学校に在籍し、予備校通いの毎日でした。料理は小さい頃から好きでお菓子作りをよくしていましたが、まさか栄養士になるなんて全く思っていませんでした。何となく得意の数学を生かし、理系大学に進学しました。大学では応用化学を専攻しました。その頃、ちょうど低インシュリンダイエットがブームで、大学生になって初めてダイエットに興味を持ちました。そのことがきっかけで、食べ物と身体の関係に関心ができ、より深く栄養学を学びたい気持ちから管理栄養士になるべく、管理栄養士養成の大学を再受験しました。在学中、臨床栄養学研究室に所属し、低栄養と免疫について研究しました。卒業論文は地域在宅高齢者を対象とした栄養スクリーニング法でした。いつの間にか病院の管理栄養士を強く志望するようになり、新卒で病院栄養士の採用試験を受けましたが、募集も少なく、なかなか決まりませんでした。どうしても諦めたくない思いが叶ったのか、卒業ギリギリで都内の総合病院に常用パート管理栄養士として採用が決まりました。

これまでどのような仕事を経験されてきたのですか?

新卒で入職した総合病院では栄養指導業務や栄養管理計画書作成、NSTなどチーム医療への参画といった臨床栄養管理、献立作成や行事食立案など給食経営管理と幅広く管理栄養士業務に携わりました。 そして結婚を機に、横浜市の総合病院に入職しました。この病院は消化器疾患や炎症性腸疾患の栄養指導がとても多く、より専門にこれらの病態の栄養療法を勉強しました。

出産後は自宅近郊の現在の病院に入職しました。糖尿病の患者さんの数が圧倒的に多く、また検査値も悪い方が非常に多く、入職当初は驚愕しました。外来の糖尿病療養指導では糖尿病専門外来受診時に併せて栄養や運動の指導を行っています。

管理栄養士・栄養士になる前のイメージと、なったあとの感想などはありますか?

栄養学を勉強する前は食べ物を魔法のように思っていて、○○がいいといった健康法が大好きでした。管理栄養士は栄養の事が何でもわかる専門家だと思っていましたが、実際は管理栄養士になってから改めて学ぶことが多く、勉強の毎日です。

仕事でやりがいを感じたことや失敗談などを教えてください

栄養指導ではやはり患者さんの数値が改善し、嬉しい顔がみられた時とてもやりがいを感じます。失敗談は、以前働いていた病院で終末期の患者さんを担当していた時のことですが、その患者さんは食べることができないため、重湯だけを完食されていました。私はその時、重湯はあまりエネルギーがないと伝え、高栄養の食品をお勧めしました。すると患者さんは「重湯はお米の上澄みだろ。だから栄養がとてもあると思って食べていたんだ」と落胆して、私のひと言で食べる意欲を失ってしまいました。私たちの仕事は一言一言が食べる意欲にも、失しなわせる原因にもなる大変責任感のある仕事だと実感しました。

スキルアップのためにしたことや現在していることはありますか?

知識だけでなく、対人援助のスキルが非常に重要と考え、以前はカウンセリングのトレーニングを受けていました。今も学会に参加したり、機会があれば積極的に発表したりするなど、常に最新の情報を得ようと心がけています。

将来、どのような管理栄養士になることが目標ですか?

今まで子どもの食育には携わる機会がありませんでしたが、二児の母となり、その子が偏食や小食、そして食物アレルギーがあり、子どもの食育にさらに関心をもつようになりました。地域活動も少しずつですが始めました。栄養について不安に感じていらっしゃる方が何でも気軽に相談できる「顔の見える栄養士」を目指しています。

休日の過ごし方やリフレッシュ法を教えてください。

二人の子どもがまだ小さいので、休日は子どもと公園で遊んだり、料理や家庭菜園をしています。体を動かすことは好きですが、実は運動が苦手で、時間があれば一人気ままに登山をしてリフレッシュしています。あとは、秘湯巡りが大好きで地元の料理や食材を食べることも楽しみに旅行をしています。

心の支えになっている言葉などはありますか

「意志あるところに道はある」私の好きな言葉です。管理栄養士になる夢を何度も諦めそうになりましたが、その時に私を応援してくれた人は母でした。母は私が「栄養管理士だから」といって、3食しっかりと食事の管理をしてくれました。つい忙しいと自分自身の栄養管理が疎かになりがちですが、身体が資本ですね。

最後に一言「人との対話を大切にしながら、多くの情報発信をしいきたい」

複数の職場を経験し、多くの栄養士さんとお話してみると、さまざまな方がいらっしゃいます。栄養士としての視点の違いは、対話をしてみると大変面白く、今後も対話を大切にして自分からもたくさん情報を発信していけるように、日々勉強していきたいです。

 

イートリスタへお仕事依頼をする

 

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      17日前

      Eatreat編集部です。今回はイートリスタさんへのインタビューです。「顔の見える栄養士」とても大切なことだと常に感じます。

      拍手 0

WRITER

何でも気軽に相談できる「顔の見える栄養士」を目指して!管理栄養士 大塚綾さんインタビュー

Eatreat 編集部

Eatreat編集部

Eatreat 編集部さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"管理栄養士・栄養士インタビュー"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ