• COLUMN

「実践に使える!症例別薬膳講座(全10回)」の追加講座が9月12日(火)に開催されました。 講師は管理栄養士・国際薬膳師としてご活躍中の大倉あやこ先生です。

「薬膳」という言葉は聞いたことがあるという方でも、いざ学ぼうとすると少し難しそうなイメージがあるかもしれません。
しかし本講座では心配ご無用です。中医学に基づいた本格的な内容を、大倉先生と大変分かりやすく学ぶことができます。

薬膳の基礎を学ぼう

今回のテーマは薬膳の基本①(陰陽五行学説、食品の性質、春夏の薬膳を学ぶ)ということで、薬膳を学ぶ上での基礎となる陰陽五行学説の考え方、食べ物の性質を表す四性(しせい)・五味(ごみ)という概念を学びました。
本を読んだりしただけではわかりにくい複雑な関係を持つ考え方ですが、大倉先生は具体例を挙げながら分かりやすく解説してくださいました。この日の受講生の顔色を見て、「○○が弱っていますね」などの鋭い指摘もあり、みなさんドキッとしながらも興味津々でした。
さらに、春と夏にかけて起こりやすい体の変化や特徴と、それに伴った症状を改善するために、薬膳でどうアプローチするかの説明がありました。

本日の薬膳ごはんはこちら!

そして、薬膳スープのいい匂いが漂う中、お待ちかねの薬膳ごはんタイム。 本講座では毎回、その回のテーマに沿ったレシピで作られた薬膳ごはんと薬膳茶が付きます。実際に食べて、薬膳を体感することができる大変魅力的なセミナーなのです。

今回のメニューは、①生もずくとプチトマトの簡単香酢和え、②豚肉と蓮子(れんし)、干ししいたけのスープ、③ハトムギの美肌ごはん、④薬膳茶でした。
もちろん、それぞれのレシピと使われている食材の持つ効能についても解説がありました。
薬膳スープは「おいしい~!」と会場から声が上がるほど大好評。使用した調味料は塩のみでしたが、食材が本来持つうま味と滋味深い味わいに、おかわりする方が何名もいらっしゃるほど大人気でした。
ハトムギごはんにはやきつべのだし(http://www.yaizu-zempachi.jp/items/dashi-pack-ara/)を使用。かつお節のいい香りが広がります。

おいしい! の声があちこちから上がります。

生薬など、初めて見るような食材も、大倉先生が購入方法や調理のコツなどを丁寧に教えてくださり、これなら自分でも作れそう、作ってみたい! という声が上がっていました。
参加者ご自身やご家族の健康管理に、また、栄養士など食に携わる職業の方は仕事で活かせるような知識が、これから続く講座の中で徐々に身についていくそうです。

最後に大倉先生を囲んで。

次に開催される薬膳講座はこちらです。お申し込みをお待ちしています!
『【単発コース:第5回 10/21(土) 管理栄養士による実践に使える症例別薬膳講座 】お腹のトラブル』

関連コラム
中医学とは?
薬膳って何?
薬膳の本場中国の医療事情と健康問題

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 0

  • No post.

    まだ投稿がありません。

"薬膳講座イベントレポート"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

【実践に使える!症例別薬膳講座】薬膳の基本①(追加) 開催しました

Eatreat 編集部

Eatreat編集部

Eatreat 編集部さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"イートリートアカデミー"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ