• Q&A
  • 病院・クリニック
    2017.01.27
  • 回答受付は終了しました

  • 甘いもの好きの糖尿病の方への食事指導について
  • 質問者:海野 めぐみ

    甘いもの好きの糖尿病の方への食事指導について

    糖尿病患者さんの栄養指導について詳しい方にご質問です。私が栄養指導を担当している患者さんで、とても甘いもの好きな方がいらっしゃいます。これまで、チョコレートやアイスを毎日食べるような食生活だったようで、なかなか甘いものを食べるのがやめられないそうです。わたしもあまり険悪な雰囲気になりたくないので、あまり強く言うことができません。どのように食事改善を提案すればいいか、アドバイスをいただけないでしょうか。

イートリスタの考え(3

    • 中本 絵里
    • 中本 絵里
      261日前

      こんにちは。栄養相談で険悪な雰囲気になり、患者さんのモチベーションを下げたり、治療中断の原因になっては栄養士としては辛いですよね。相談終了時に、良い雰囲気になるように私も心がけています。
      ご質問の患者さんは、「なかなか甘いものを食べるのがやめられない」とお話されているので、取り組みの内容や、困っていることを確認しましょう。まずは、頑張られた点について評価してはいかがでしょう。
      私は、間食は、主治医に確認し、コントロール良好なら【量】と【頻度】の調整について、控えるべきケースでは、控えるべき時期であることを伝え、間食と血糖値関係や、控えた場合の効果などの情報提供をし、患者さんのお話をうかがいながら患者さん自身に取り組み内容を決めていただいています。無理な場合は、こちらからいくつか取り組み内容を提示し選択していただくこともあります。
      患者さんの意識が高く、きっぱりとやめてしまう方もいらっしゃいますが、好きなものをほんの少し控えることだけでも、そのストレスが大きく負担になるケースもあるので、あせらず患者さんのできる範囲でのサポートを続けながら改善していけばよいと私は考えています。
      ただし年齢や病状から控えるべきだと強く言う場合もあります。
      私の場合、栄養相談がうまくいくケースばかりではありません。ですが、栄養相談だけが患者サポートではないので、主治医に相談内容とともに栄養相談でうまくいかなかったことなどフォローしてほしい点を伝え協力していただいています。(他の医療スタッフにもお願いすることもあります。)
      お互いに、患者さんにとってよいサポートができるように頑張りたいですね!

      4

    • 小山 幸子
    • 小山 幸子
      266日前

      甘いものへの執着は、糖尿病患者ではなくても、甘いものは別腹・・・なんていう方もたくさんいらっしゃいますよね。文面で「甘いものを毎日食べるような食生活だった」と、あります。現在、毎日の摂取量及び回数が減少しているようなら、まずはその行動の変容は評価しているのでしょうか?甘いものを摂取することは、イコール悪い事になっていませんか?患者さんが犯人、医療従事者含め、患者さんをとりまく家族は刑事ではありません。友人との大切な時間、自分にとって特別な日・・・こういったスペシャルな時間を満喫していただくために、日々の食事の中での甘いごほうびは、その日のためにとっておくような提案も一つかと思います。甘いものがどうしてもやめられないと正直にお話ししていただけるのはありがたい事です。患者さんの中で何とかしたいという気持ちの表れだと思います。医療機関に貴重な時間に来ていただき、お話ししてくれたことに感謝する気持ちは忘れてはなりません。栄養士の目標として、血糖コントロールも念頭ですが、次回も食事の話が聞きたいなと思っていただけることが最大の目標ではないかと思います。具体的な提案は、そういった信頼関係を築いてから。そうすると、患者さんが自ら目標設定もできてきますよ。まずは焦らず。じっくり向き合って行きましょう。

      6

    • 海野 めぐみ
    • 海野 めぐみ
      263日前

      小山様
      ご回答ありがとうございます。
      まだまだ患者さんとは信頼関係が気づけていないなと感じています。まずはあせらずにじっくりとお話しをおうかがいしてみようと思います。

      3

    • 加藤 知子
    • 加藤 知子
      266日前

      はじめまして。甘いものが問題とアセスメントなさったということは、毎日の甘いものの摂取が血糖値上昇をきたし、悪い血糖コントロール状態となっているのでしょうか。甘いものを食べることが、その方にとって楽しみのひとつになっていらっしゃることが伝わってきましたので、栄養士としては指摘しにくいですよね。

      その患者さんの病態(1型?2型?)と、年齢、性別、病期ステージ、身体状況が不明でしたので、詳しくアドバイスできず申し訳ありません。以下に考えを書いてみました。

      「なかなか甘いものを食べるのがやめられない」と言うことは、患者さん自身が甘いものの摂取が多いことや、甘いもの=糖質が血糖値の上昇をきたすことなどを認識なさっているのですね。
      そのことに対して、患者さんは量を減らしたとか、なにか努力されていることはありますか?

      その患者さんは、どのような状況・タイミングで甘いものを召し上がっているのでしょうか?食間か、食後か?誰かと一緒か一人のときか?
      1日3回の食事量が少ないことや、食事時間の間隔が空き過ぎることにより食間に空腹感が生じ、甘いものを召し上がっているかもしれませんし、家族との楽しみの時間に甘いものを召し上がっているかもしれません。

      ・前者の理由でしたら、食事量の調整を提案したり(主食・主菜・副菜の過不足を調整する、野菜料理を増やす、など)主治医と相談して補食を検討します。運動療法・薬物療法の内容も踏まえた上です。

      ・後者の理由でしたら、甘いものの1回の摂取量を減らせるような提案をします(食べきりサイズの菓子類の紹介、ヨーグルトを凍らせて作るフローズンアイスなどレシピ提案)

      あくまで経験なのですが「今食べているものを減らす・止める」アドバイスより、「別のものを増やして食べる・別のものに変更する」アドバイスが受け入れてもらいやすいです。
      参考になりましたら幸いです。

      8

    • 海野 めぐみ
    • 海野 めぐみ
      263日前

      加藤様
      ご回答ありがとうございます。患者さんは間食として甘いものを食べているようですが、もっと深くお話しをおうかがいする必要があると感じました。アドバイスいただいた内容を参考にさせていただき、主治医とも相談してみます。

      3

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ