• NEWS

肥満でなくても睡眠時無呼吸になる可能性 高血圧や糖尿病など生活習慣病で、京大グループ|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞 www.kyoto-np.co.jp

肥満がなくても高血圧や糖尿病など生活習慣病があると、眠っている時に呼吸が一時的に止まる「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の割合が高くなることが分かったと、京都大のグループが発表した。肥満がない場合でも生活習慣病があれば、SASに注意する必要があることを示すという。国際科学誌に14日掲載された。 SASでは日中の過度の眠気が問題になるだけでなく、心血管の病気や生活習慣病との関連が指摘されている。しかし生活習慣病とSASがどのように関係しているか、詳細な研究はあまりない。京大医学研究科の陳和夫教授と…

あなたの意見を教えて!

「意見」は会員登録した方のみ可能です。

みんなの意見( 1

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      392日前

      睡眠時無呼吸症候群と高血圧・糖尿病との関係について京都大学のグループが発表をした内容が書かれた記事です。

関連タグ

関連記事

関連コラム

"その他"に関する記事

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ