• COLUMN

中医学の舌診とは?

中医学には、舌や舌苔(ぜったい)の状態や色、形などを観察して体質や不調をチェックする「舌診(ぜっしん)」という独特な診断方法があります。

舌診断でわかることは、「体質」、「體(からだ)の熱・冷え」、「血液や水分のめぐりの良し悪し」、「消化の状態」、「睡眠」、「過不足」、「病気の深浅(しんせん)」「体力の有無」などのたくさんの情報があります。

舌の状態から日々の健康管理

「正常な舌は、薄いきれいなピンク色で、苔も薄い」という基準がありますが、まずはご自身の舌をチェックし、普段の色や形を把握しておくことをおすすめします。舌診を正確にできるようになるには、しっかりとトレーニングする必要がありますが、よく見られる例をご紹介しますので、日々の健康管理の参考にしてください。

【舌の本体】
◇舌が赤い:體が熱の状態。
◇舌が白っぽい:体力が弱っている。血液不足、または血液のめぐりが悪い。
◇紫色が混じっている:血液ドロドロのサイン。血行障害、高脂血症、月経困難など。
◇舌の裏の静脈がどす黒く膨らんでいる:血行障害。血液の汚れに注意。
◇舌の両端に歯型がある:水分過剰によるむくみ。胃腸の虚弱。
◇舌に亀裂がある:水分不足。虚弱体質や心身過労による消耗。

【舌苔】
◇ぶ厚い苔:胃腸障害。病気が進行している。
◇苔がほぼ無い、まだら:虚弱。アレルギー体質。体液が不足している。
◇苔が白い:體の冷え。體の機能低下。
◇苔が黄色い:體に熱がある。食べ過ぎによる熱の胃炎。

今回ご紹介したのは、ほんの一部ですが、舌を観察する習慣をつけておくことで、自分の体調の変化を知ることができます。舌診断を行う際には、舌の苔の量や状態、色を見るので、診断の際は舌苔は磨かずに通常の状態で診断できるようにしましょう。また、飲食物による色や温度による影響、照明などに配慮してください。

関連コラム
薬膳って何?
薬膳の本場中国の医療事情と健康問題
薬膳学と栄養学の違いと相性
薬膳初心者のための薬膳の考え方と基礎理論① 陰陽学説と食べ物の四性について
薬膳料理と精進料理はどう違う?

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 5

    • 大倉 あやこ
    • 大倉 あやこ
      257日前

      コメントありがとうございます。
      日本人に多いのが、お腹が冷えて弱っていて、血液が汚れているタイプです。
      まずは自分で健康チェックをしてみてくださいね!
      アーユルヴェータでは、スプーンなどで舌苔を磨き、白ゴマ油でうがいをする健康法もあります。
      中医学との共通点も沢山ありますので、そのあたりもコラムに書けたらなと思っています。

      6

    • 大竹 友里恵
    • 大竹 友里恵
      258日前

      以下に当てはまりました。
      舌が白っぽい、歯型がある、舌の裏がどす黒い。

      漢方内科でお世話になってから、舌の色も少し良くなって胃腸の調子が良くなってきました。自分でも観察する癖をつけてみます!

      5

    • なかじま かなこ
    • なかじま かなこ
      259日前

      わたしの場合これに該当しました。。
      ◇舌の両端に歯型がある:水分過剰によるむくみ。胃腸の虚弱。

      大倉さんには薬膳セミナーで「胃腸がよわっている」と明言されましたが、まさにこちらの診断でもその通りでした。

      5

    • 太田 旭
    • 太田 旭
      259日前

      わたしの場合、幼いころから気を抜くといつも舌の裏の静脈がどす黒さが増すので時々checkしています。そういえば、スポーツ少女の時は調子良かったんだけどな。

      6

WRITER

やってみよう。自分でできる簡単舌診断

大倉 あやこ

中医学の本場中国、上海中医薬大学にて中医内科を専攻した後、現地の国立病院で糖尿病の外来の営養指導や現地在住の日本人に薬膳をレクチャー、ハーブティーブレンド開発・店舗経営などを経て、2014年に日本に帰国しました。 中医・薬膳の先生と聞くと少し別世界の人のように思われがちですが、厳しい事や細かい事はとても苦手な、美味しい物が大好きな酒のみ栄養士です。 「食」は「人を良くする」ものです。 研修医時代、「この人は食をきちんとしていたら病院に来なくても良かったのに」というような患者さんを沢山診てきた経験から、「病院に行かなくてすむ人を増やしたい」「病氣になっても回復が早まるように」と願い、【食医】」の道を選びました。 ぬる~い私でもできる薬膳ですから、きっと皆さまも楽しんで実践していけると信じて、誰よりも楽しんで活動・情報発信していきたいと思います。 薬膳を通じて沢山の人とご縁できる事を楽しみにしております。

大倉 あやこさんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"中医学・薬膳"に関するコラム

もっと見る

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ