• COLUMN

「災害に備える、子育て世代に必要な準備をしていきましょう」と言われたら何をイメージしますか?
「台所から防災減災」に取り組む防災士の資格を持つ管理栄養士が、地域子育て支援センターでの防災講座の内容をご紹介します。

子育て家族の防災講座

講座は、0歳から入園までのお子さんをおもちの親子が対象です。非常食をはじめ、トイレや避難生活に必要な品を目で見て、手に取り、我が家に必要な備蓄品を選んでもらいます。すると、「想像以上に重たい」、「これを持って子どもを連れて逃げられない」という声が聞こえて来ました。もし夜間に発災したら、雨が降っていたらと問いかけると、被災しても何とかなるかな、備蓄をしなければと思いつつ用意していないというママも真剣な眼差しで、平時に準備することが大切と気づいてくれます。

ローリングストック・回転備蓄

発災後24時間生き抜くためには、開封すればすぐに食べることができる缶詰がおすすめです。しかし、乳幼児には乾パンや濃い味つけの缶詰は不向きなので、月齢に合ったベビーフードや缶入りミルク、粉ミルクの回転備蓄が必須となります。
粉ミルクやフリーズドライ食品をつくるには水も必要です。粉ミルクを硬度の高い水で調乳するとミネラルバランスが崩れ、赤ちゃんの腎臓に負担がかかる可能性があります。ストレスや疲労の蓄積、食生活の乱れも重なり、避難生活をより困難にします。そのため、食品のラベルを見て「硬水」を避けるようにお話しします。年齢に合わせた食品を選ぶことがリスク回避につながります。

食品表示はアレルギーっ子を守る切り札

現在、「アレルギーっ子用の備蓄食料があります」という市町村や自治会は非常に少なく、今後の課題となっています。
食器やスプーンもアレルゲンとなる物質が付着しないように、「密閉できる袋や容器で保管し、食器を洗う水やスポンジなども専用に」と講座では説明しています。非常時用アレルギービブス(日本エイテックス株式会社)ゼッケンを展示し、アレルギーっ子とご家族への配慮協力をお願いしています。

台所から始める防災減災、はじめの一歩

私が新米ママの頃、カバンに非常食としてベビーせんべい、麩を入れていました。せんべいや麩を手で砕き、ぬるま湯を少量加えると簡単なお粥になります。
災害はいつくるかわりませんが、いざという時のために、皆さんも台所から防災減災を始めてみませんか。

 

関連コラム
災害時の糖尿病患者さんへの準備や心構えのポイント①
災害時の糖尿病患者さんへの準備や心構えのポイント②
災害時の糖尿病患者さんへの準備や心構えのポイント③
避難時に必要な衛生用品とは? その必要量や使用期限を解説します

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 2

    • 川口 由美子
    • 川口 由美子
      109日前

      本当に大切なことですよね。特にアレルギーがある場合は食べられるものが限られてくるので、自助が大切ですね。忘れてしまいがちなので、定期的に読み返したいです。

      拍手 4

    • Eatreat 編集部
    • Eatreat 編集部
      111日前

      防災士の資格もお持ちの管理栄養士 向坂智子さんに、ご自身が開催している地域子育て支援センターでの防災講座についてご紹介いただきます。

      拍手 4

"防災講座を紹介!"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

災害に備える 乳幼児向け防災講座

向坂 智子

静岡市食育応援団 登録 派遣講師 料理や栄養から防災 応急手当について、食育講座をお手伝いさせてもらっています。在宅介護、ダブルケアの経験から、介護家族をサポートしています

向坂 智子さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"管理栄養士・栄養士の仕事"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ