• COLUMN
カッサは予防医学

カッサは鍼をつかわない鍼灸

刮痧(以下、カッサ)とは、中国伝統医術の一つです。水牛の角や石などで作られたヘラを使って体をこすり、自然治癒力を高める療法です。鍼灸と同様、経絡やツボに沿ってこすり、刺激することで、血流を良くする効果があります。日本では美容扱いのため、主にエステサロン等で普及していますが、中国では病院でも治療として活用されており「鍼をつかわない鍼灸」と言われるほど高い効果が認められています。

□治療としての適応症例(注:日本では治療扱いは出来ません)

・風邪発熱、喘息、乳腺炎、更年期障害、坐骨神経痛、生理不順など

□美容、健康維持としての効果

・たるみ、むくみ、ダイエット、デトックス、細胞の活性化(エイジングケア)など

カッサの歴史は2000年以上

その歴史は、約2000年とも言われており、中国最古の医学書「黄帝内経」に記録されている砭石療法(へんせきりょうほう)(注1)などから発展し、現在の形のなったと考えられています。元の時代には、体に油を塗りレンゲやコインを使用してこする方法が流行り、当時の医者も注目していたという記録も残されています。(注2)

簡単で即効性があり家庭でもできるため、中国では広く活用されており、2千年もの長い間愛用されてきたことからも、その安全性の高さがうかがい知れます。

カッサの得意分野は予防医学

血流を良くすることは、老廃物の排泄を促し、疲労回復やダイエット、免疫力の向上につながるため、予防医学の領域はカッサの得意分野です。例えば、不定愁訴と言われる、病気ではないけれど不調がある状態、倦怠感、眠れない、頭が重いなどの症状を持つ方は多くいますが、ほとんどは血流の悪さが原因といっても過言ではありません。このような症状を、薬に頼らずに改善したいという場合にも、カッサは強い味方となってくれます。

注1 砭石療法(へんせきりょうほう)・・・旧石器時代の治療法、石で体の辛い部位をこする方法。
注2(「世医得効方(せいとっこうほう)」著者 危亦林(きえきりん) 
参考図書:「全息経絡刮痧療法」 著者 運瑶

 

おすすめコラム
中医学とは?
薬膳って何?
薬膳の本場中国の医療事情と健康問題
薬膳学と栄養学の違いと相性
薬膳初心者のための薬膳の考え方と基礎理論① 陰陽学説と食べ物の四性について
薬膳料理と精進料理はどう違う?

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 3

    • 篠塚 明日香
    • 篠塚 明日香
      1263日前

      池田さん あやこ先生
      コメントありがとうございます^ ^
      カッサは一度体験するとほとんどの方がリピートされます。体質に合わせたパーソナルな施術も魅力です。
      是非ご体験下さいね!

      拍手 4

    • 大倉 あやこ
    • 大倉 あやこ
      1264日前

      カッサ、カッピングは体感がとても早くオススメです。
      私は施術中からお腹が動き始め、その日は躰の不要な水分が全部出て行ってくれたくらいのトイレの回数でした。
      日本でも広まる事を願っています!

      拍手 4

    • 池田 澄子
    • 池田 澄子
      1264日前

      以前に鍼をやったことはありますが、カッサはまだ未知の世界です。血流を良くして、体の中からキレイにしていくということが魅力的です。ダイエット効果もあるなら、ぜひ一度体験してみたいです!

      拍手 7

WRITER

カッサは予防医学

篠塚 明日香

中医館 香(シャン)店主 NPO法人中医高級保健刮痧師 分子栄養クリニックカウンセラー AEAJアロマテラピー1級 アンチエイジングプランナー 慢性疲労、PMS、骨粗鬆症、不妊症、摂食障害など栄養不足による体調不良の改善を専門分野としています。 とくに体質(個体差)を重要視し、中医学・分子栄養学の両面からアプローチします。 カッサ、カッピングをプラスすることで改善のスピードが早まります。

篠塚 明日香さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"中医学・薬膳"に関するコラム

もっと見る

CONFERENCE

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ