• COLUMN

社員食堂での管理栄養士のおもな仕事内容

一般的な社員食堂での管理栄養士の仕事は、献立作成や調理、衛生管理、発注、在庫管理などがおもな仕事になります。企業によっては、社員の健康相談を行っているところもあります。最近では、健康志向が高まり、カロリーを抑えたり、雑穀ごはんを提供したりしているところもあるようです。

提供方法は、定食スタイル、カフェスタイル、ビュッフェスタイルなど、さまざまなので、どんなスタイルでも栄養バランスが取れるような献立作成が必要になります。私が勤めていた社員食堂では、パソコンがなかったため、献立作成や栄養価計算はすべて手書き、レジ打ちや月に一度のデザートバイキングの調理は栄養士がやり、深夜食の提供も時々行ったりしていました。

病院や介護施設の管理栄養士との仕事の違い

病院や施設での仕事との大きな違いは、病態や口腔状態を考えて個人対応した食事を3食提供するのではなく、見栄えやおいしさを重視した昼食の1食を提供するところと365日食事提供しないことです。

病院は普段の食事のような常食や軟食、流動食のほかに、医者の指示のもと病態に合わせて栄養面を考えた治療食を365日提供します。調理法や食材がかぶらないように3食の献立を考え、食材と薬の関係やアレルギーなども細かく対応します。患者さんの命に食事が直結しているため、より専門的な知識が必要です。

施設も病院と同じように365日3食の提供になりますが、病態というよりも体調や食べやすさ、飲み込みやすさを考え、刻み食、ソフト食、ミキサー食など細かい食形態の対応が求められます。長期で利用される方が多いので、行事食やイベントに力を入れて、バラエティに富んだ食事提供を行っています。食事を楽しんでもらい、低栄養状態にならないように工夫することも大切です。

それぞれの職場の仕事の魅力とは

社員食堂は土日休みのところが多いため、栄養士業界の中では働きやすい環境であることは魅力の一つですが、病院、施設の仕事にも、それぞれ仕事の魅力があります。

料理が好きで、病気などの制限がない料理を作りたい、病気になる前の健康をサポートしたい方は社員食堂、自分の作った献立や栄養指導などで病気の改善をサポートしたい方は病院、栄養面のサポートをしながら高齢者の方と接したり、イベントを考えたりするのが好きな方は施設というふうに方向性を考えてみるといいのではないでしょうか。

おすすめコラム
国際支援 - 栄養士の仕事
国際支援 - 強化したい6つの力
歯科医療での管理栄養士の活躍の場 〜たかぎ歯科 手塚文栄さんの現場〜前編
歯科医療での管理栄養士の活躍の場 〜優歯科クリニック〜

コメントを送ろう!

「コメント」は会員登録した方のみ可能です。

みんなのコメント( 2

    • 若林 由香里
    • 若林 由香里
      76日前

      菅原様
      そんな時代でした(笑)
      パソコンを自由自在に使いこなす、今の栄養士さんたちはすごいです。

      0

    • 菅原 房子
    • 菅原 房子
      84日前

      手書きで献立作成や栄養価計算!信じられないです。

      1

"管理栄養士・栄養士の仕事"のバックナンバー

もっと見る

WRITER

社員食堂での管理栄養士の仕事

若林 由香里

社員食堂、病院、老人保健施設などで管理栄養士としての経験を積んだ後、出産・育児に10年専念し、現在は自身の経験を生かした「食べたもので、体は作られる」をモットーに、心と体が満たされる料理に込めた想いを大切にしながら活動しています。

若林 由香里さんのコラム一覧

関連タグ

関連コラム

"栄養士・管理栄養士のキャリア"に関するコラム

もっと見る

QA RANKING

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ