CALCULATION

  • WHAT’S CALCULATION
  • 日本食品標準成分表に基づいた栄養価計算ができます。
    栄養価計算の方法:料理に使った食材名を下の表にひらがなでを入力しますと、食品候補が出てきますのでその中から食品を選択し、可食部重量を入力します。ユーザ登録すると計算結果の保存や、食品成分表に無い食品(みんなが登録した食品)の入力、表示栄養素の追加・絞り込みができるようになります。 詳しい使い方は【徹底解説】Eatreatの栄養価計算機の使い方をご覧ください

食品名/摂取量(可食部重量)

エネルギー
(kcal)
水分
(g)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
飽和脂肪酸
(g)
1価不飽和脂肪酸
(g)
多価不飽和脂肪酸
(g)
コレステロール
(mg)
炭水化物
(g)
食物繊維(総量)
(g)
ナトリウム
(mg)
カリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
リン
(mg)

(mg)
亜鉛
(mg)

(mg)
レチノール
(μg)
βカロテン当量
(μg)
ビタミンD
(μg)
ビタミンE(α-トコフェロール)
(mg)
ビタミンK
(μg)
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ナイアシン
(mg)
ビタミンB6
(mg)
ビタミンB12
(μg)
葉酸
(μg)
パントテン酸
(mg)
ビタミンC
(mg)
食塩相当量
(g)
合計

g

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2018年
※合計値は日本食品標準成分表2015年版(七訂)24ページ 3) 数値の表示方法に準拠

公式企業が登録し、イートリートが公認した食品。 終売「公式」商品が販売終了になった食品や調味料。 user ユーザ自身が成分値を登録した食品。

Eatreatの食品成分値は日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2018年のデータを使用しております。日本食品標準成分表に関するお問い合わせは文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会 メールアドレス:kagseis@mext.go.jpまで。

日本食品標準成分表におけるTr(微量、トレース)、推定値の (0) 、該当する値がない「-」は0としてEatreat栄養価計算機で表示・計算しております。また、推計値である()付の値は、カッコの中の数値を表示・計算しており、カッコを表示しません。日本食品標準成分表の記述は、日本食品標準成分表 収載食品一覧ページより確認できます。

栄養価計算機に表示される合計値は日本食品標準成分表2015年版(七訂)24ページ  3) 数値の表示方法に準拠した有効桁数・小数点以下の桁の丸め方に従って表示されます。

各食品の測定条件、調理条件、推計方法は、日本食品標準成分表2015年版(七訂)第3章 資料(食品群別留意点)で詳しく解説されています。

公式企業食品

栄養価計算機では、日本食品標準成分表掲載品の他に下記食品メーカー製の栄養価をご利用いただけます。
掲載をご希望のメーカー様はお問い合わせください。

株式会社マルハチ村松

カロリー計算・栄養価・栄養素に関する情報

もっと見る



CONFERENCE
ページの先頭へ

ログインまたは会員登録が必要です

会員登録がお済みの方

ログイン

まだ会員登録をされていない方

新規会員登録

ページの先頭へ